多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シャビーシック棚

 娘が結婚して1年あまり、孫も産まれ少し物が多くなって来たようでディアウォールを使って棚を作りたいと相談してきました。
 ディアウォールは、賃貸住宅でも釘などを使わず固定できるため簡単なのですが、娘に少しこだわりがあり、キッチンはシャビーシック?にしたいとのこと。
 と言うことでシャビーシックに挑戦です。
 まずは、木材にディスクグラインダーで木目だし。
d0247247_21253149.jpg
 次に、下地塗り。
d0247247_21253138.jpg
そして、上塗りをして乾燥する前に下地が出るように段ボールで擦ってみました。
 下地の色を出す力加減は難しく、初めてにしては良い出来映えでした。
d0247247_21253056.jpg
 娘にも気に入ってもらえたようです。
d0247247_21253088.jpg
d0247247_21253065.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-25 22:24 | DIY | Comments(0)
 曇りで暖かいとはいえませんが玄関先にあるサザンカやロウバイが散り始めなどあちこちで春が近づいて気配が感じられます。
 3月1日の蒲田川解禁があるためと棚作りで釣りはお休みして、久しぶりにキャスティング練習です。
 ちょっとサボるとすぐにいろいろ忘れてしまうので思い出しながら練習するのですが、調子が上がってきません。ひたすらキャスティングをしていると、Iさんがやって来て一緒に練習です。
 昨日、長良川に行ってきが工事で濁りが入り最悪で今日は練習にしたとのこと。
 と言うわけで少しチェックしてもらいバックキャストのホールが効いている距離が短いとの指摘、確かにロッドは後ろへ行くのに対しホールの手は左肩の辺りで止まりさらにホールした後は位置は引ききっていない事に気がつきました。
d0247247_21235915.jpg
 改善のために練習するとホールを大きくするとバックラインのアッパーレグはラインスピードが上がります。しかし、ロッドを振りすぎワイドループとなってしまいます。そこでホールを大きくロッドの振り幅は小さくの練習です。
 何かを変えると何かが出来なくなるのでとにかく反復練習です。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-25 21:23 | キャスティング練習 | Comments(0)

序盤の長良川

 解禁も一段落し、ゆっくり目の出発です。途中、放流予定地点はすでにたくさんの車があり混雑しているようです。
d0247247_21085905.jpg
 放流地点の、混雑を避け、バロー裏に行ってみるとフライマンが一人立っていたので挨拶をすると顔見知り、情報を聞き、一緒にライズを待っていると放流地点でライズ待ちをしていた友人が、あまりの混雑に移動してきました。
d0247247_21090016.jpg
 天候は、体感温度は上がったり下がったり、雨、雪と目まぐるしく変わる中、ライズを待っているのですが一向に起こりません。お昼も近づき少し上流で単発のライズを発見した友人が移動し狙うのですが簡単にフッキング出来ないようでした。
d0247247_21090075.jpg
 ライズを待ちながら体を暖めるため一人キムチ鍋を楽しむのですが、結局目の前でライズは起こらず、そろそろ空いたであろう放流地点に向かうことにしました。
d0247247_21090080.jpg
 駐車しようとした時に、良さそうなライズを見つけ移動する友人に遭遇。ついて行き、セットしたままの3番のタックルで狙うのですが着水するまでにラインが流され良いところに流せません。風を計算して上流側に投げるとバックキャストが木の枝にに当たり極細ティッペットは簡単にブレイク。
d0247247_21090071.jpg
 友人たちが順調に釣り、ベストポジションを譲ってもらったのですが、ライズも無くなりあえなく終了。またしても、詰めの甘さを感じるのでした。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-17 21:08 | フライフィッシング | Comments(0)
 娘が映画を見に行った帰りにサロンデュショコラで買ってきてくれました。
d0247247_21072112.jpg
 ウイスキー好き、チョコレート好きの私には「モアベター」なチョイスで食べるのが楽しみです。
d0247247_21072129.jpg
 もう一つ苺のチョコレートですが千疋屋と言うところが「モアベター」なチョイスで併せて食べるのが楽しみです。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-14 21:06 | 行事 | Comments(0)

2018郡上解禁

 ここ数年、郡上漁協の解禁日は、2月15日でしたが今年は、2月11日日曜となったので出掛けることにしました。
d0247247_21055388.jpg
 場所確保のため、早めに出発しましたがすでに仲間は、待機中。しばらくすると別の仲間から「こっちこっち」と電話があり移動し、ライズを待ていると対岸で放流が始まるり、ルアーマンが快調に釣り上げています。
 こちらは相変わらずライズ待ち、辛抱たまらない仲間は、別のポイントに移動し、残された私たちは、水面を見張っていましたが、静かなものです。朝が早く退屈なので少し早めの昼食を取り水面を眺めていると、ごくたまにライズがあります。

d0247247_21055371.jpg
 下流のフライマンが水面下で数匹釣ったの見て、私もまねしてボウズを回避。
d0247247_21055368.jpg
 一緒に残っていた仲間も辛抱たまらず釣ると、別のポイントに言った仲間がもっどてきて再び一緒に釣りです。
 気がつくと周りには、知り合いがいっぱい集まってきています。
d0247247_21055389.jpg
 3時を過ぎ、日が少し傾いた頃から少ないながらもライズがあり、フライを流すと出たのはいいのですが乗らず、流しきったフライを回収するために引き沈んだフライにあたったり、フライが通過した後にライズがあったりと、いいところがありません。
 極細ティペットがよく見えず、フライを交換するのにものすごく時間が掛かり「もう終わりか」と思っていると遠くから17時のチャイムが聞こえていたので一足お先に帰ることにしました。
 釣っているとき、漁協監視員さんが来て、「発眼卵を放流してしばらく稚魚がいるけどすぐ見えなくなる。稚魚放流しても、カワアイサ、鵜に食べられてしまう。餌釣りの人は、40、50釣れないと苦情が入るから当日放流にしているけど、その点フライの人は文句言わないから・・・」
 文句言わない、魚を持ち帰らない事知ってるならフライマン大事にして~

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-11 21:05 | フライフィッシング | Comments(0)
 解禁では極細ティペットのターンとコントロールに苦労しました。
d0247247_21534852.jpg
 と言うことでラインパスを意識した練習をと思ったのですが風が強く結局いつもと同じ練習です。


[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-04 21:53 | キャスティング練習 | Comments(0)

2018長良解禁

 いよいよシーズン開幕です。大寒波は北上し、例年の厳しい冷え込みは無く、風もほぼ無風ととても良い条件なのですが、ライズは全く見当たりません。
d0247247_21295877.jpg
 ここ数年、「解禁=シラメ」という図式は成立しないことで、解禁当日に大勢で集まることもなく寂しいものになってきています。
d0247247_21295841.jpg
 漁業組合も放流方法などを試行錯誤をしているようですがついに当日放流となってしましました。放流時間になるとそれまで閑散としていた河原は少し賑わい、放流も広範囲にしてくれています。
 そうなると河原にいる皆さんは一斉に釣りモード。
d0247247_21295829.jpg
 私も久しぶりに魚の感触を味わい釣っているのですが、魚はゆっくりと流れに押され、目の前から姿を消してしまいました。なので、少し早めの昼食を取りながら周りのう様子を見ていると、下流でひたすらキャスティングをする様子が目に入ったので様子をうかがいに行くと「さっきまでボコボコにやっていた・・・」
d0247247_21295816.jpg
 また、やらないかと様子を見ていると単発でライズし始めたのでフライを流すのですが反応せず。ハッチは増えるのですがライズは増えず、ひたすら待っていると流れがよれているところでライズが始まり、ドラッグを回避しようと投げるのとティッペットで見切られ、ティッペットを沈めるとドラッグが掛かるの繰り返しで本日終了。相変わらず詰めが甘いままです。
 何はともあれ、解禁で久しぶりに魚を手にすることが出来た事はシーズンの出足は上々です。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2018-02-01 21:29 | フライフィッシング | Comments(0)