人気ブログランキング |

多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:フライフィッシング( 149 )

奄美遠征

 なかなか遠征にいけず、定年まであと2年なった今、思い切って奄美に4泊5日で行くことにしました。例年は、開けているはずの梅雨は明けないまま遠征となり、天気予報はほぼ雨となっていましたが、晴れ間があったり、雨のため釣りをあきらめたのは半日、レインウェアーを着たのも半日となんとか釣りを楽しむことが出来ました。
d0247247_22231097.jpg
 初日に空港から直ぐにポイントへ移動。丁度上げ潮の時間帯となりボイルを発見。何度か投げているとヒット。今までに味わったことのない引きを楽しみ慎重にやり取りし、ようやくクロヒラアジ?をキャッチ。 次に直ぐにヒットしたもののバレてしまいました。
d0247247_22231033.jpg
 明日、カケロマへ渡るため瀬戸内町の宿へ行くため少し早い上がりとなりましたが、初めての場所でまずまずのサイズの魚をキャッチ出来たので気持ちよく宿に向かうのでした。
d0247247_22231091.jpg
 とてもおいしい夕食とたくさんの種類の黒糖焼酎と談笑とでその日を終えたのは良いのでしたが、飲み過ぎてカケロマに渡るまで釣りが出来る状態ではありませんでした。
d0247247_22231073.jpg
 ポイントに着き、潮が下がるまで魚気は感じられません。潮が上がり始めた所でナーバスウォーターやテイリングを探しなんとか掛けたものの直ぐにバレ、続けてバラシ2日目も終わり、夕食は屋外で素朴で有りながらとてもおいしい夕食で今日の沈んだ気持ちはチャラとなりました。
d0247247_22231024.jpg


d0247247_22231017.jpg
 3日目は本島行きのフェリーが午前中便が欠航となり、なんとか本島に渡り午後から釣りは出来ましたが、魚気はなく3日目も終了。
d0247247_22231044.jpg


d0247247_22231067.jpg
 4日目は土砂降り、釣りは断念して買い物と島豆腐を頂いた所で雨も少し収まり、レインウェアを着ながら釣りを始めますが、雨や風で魚の気配すら分かりません。夕方みんなが集まった頃、テイリングがあちこちに現れますが私のフライには掛からないまま終わってしまいました。
d0247247_22231174.jpg
 ついに最終日、空港に近いポイントで、トレバリー系の魚が目の前を走っているの所にキャスティング。リトリーブの速度が遅くティペットとに触れた途端、方向を変え逃げていってしまいました。最後のチャンスとばかりにポイントを変えましたが、ボイルを見ただけで終わってしましました。
d0247247_22230901.jpg
 結果は今ひとつでしたが、初めての経験が多く、島の雰囲気よく楽しい遠征となりました。

by BPE-3000R-SI | 2019-07-06 22:22 | フライフィッシング | Comments(0)

逃がした魚は・・・

 ゴールデンウィーク序盤に釣りに行ったきり、行楽、DIYと楽しんでいたので2週間ぶりの釣行です。楽しい思いをしたので同じ場所に行くことにしました。
d0247247_22033353.jpg
 釣り初めて、ミスキャストで小さなウグイが掛かり、気を取り直し、再びキャスト、キャストも決まりいい具合に流れていくとあたりを感じ合わせると強い引きです。#2のロッドで耐えていると全く寄ってこず、しばらくやりとりをしましたがティペットは切れてしましました。
 まもなく、ニジマスが釣れましたが後が続きません。
d0247247_22033533.jpg
 この2週間たいした雨も降らず、ゴールデンウィーク中に相当スレたようで、ニンフではあたりが小さく、掛かったにしてもすぐに外れたり、ドライではフライに出てもティペットが太いのかしっかりくわえません。
 反応があるので集中力は、切れず釣りはできますが、ストレスはたまる一方です。そんな中でまずまずのヤマメが釣れほっとしたところで移動することにしました。
d0247247_22033862.jpg
 次のポイントでは反応もなく、イブニングに期待しましたが、単発のライズであえなく終了となりました。
 それにしても朝の一発を逃したのは・・・

by BPE-3000R-SI | 2019-05-11 22:02 | フライフィッシング | Comments(0)
 ゴールデンウィークに入る前にまとまった雨が降り増水を心配しましたが、やや水位は高いものの釣りには支障が無い状況でした。しかし、雪代により水温はかなり低く、4月末にしては寒いい状態でした。
d0247247_22062637.jpg
 相変わらずユーロニンフでスタートし、良型のイワナをキャッチ、引きが強くいきなり尺越えかと思うほどコンディションも良いものでした。
d0247247_22062680.jpg
 直ぐに一匹釣れたもののかなり反応がなく集中力が無くなってきた頃、少し早めの昼食を取っていると、ハッチしはじめたので、やる気が出来ました。
d0247247_22062690.jpg
 その後、ヤマメ、ニジマスを釣り、気温が上がってきたと感じた頃、ライズを見つけたのでドライフライに切り替えると、良いタイミングでヤマメが顔を出してくれました。気づくといろいろなメイフライが飛び交っていました。
d0247247_22062613.jpg
 このまま、急激な気温低下がなければ、イブニングも期待出来そうなことから場所を移動し、待っていると単発のライズを発見。結構いい引きだったので良型かと思いきや20cmを少し超えた程度のニジマスでした。
やはり本流の魚は引きが強く、たのしい一日となりました。 

by BPE-3000R-SI | 2019-04-28 22:04 | フライフィッシング | Comments(0)

好調な釣り上がり

 桜の開花が早かったにもかかわらず、開花後の気温が不安定で低く桜が長く楽しめています。気温の不安定さが影響してか、ハッチの中での釣りが楽しめていません。
d0247247_21330119.jpg
 今日も、ハッチが確認できないのでユーロニンフスタート。このところ少し離れた所も探れるようになってきて、離れた良い流れでヤマメが釣れるようになりました。
d0247247_21330166.jpg
 ヤマメ、イワナ、ニジマス、ホウライマスと遊んでもらいながらお昼近くになってきましたがハッチもなく、昼食をとりながら廻りを観察していると、ちらほらハッチし始めたので、ドライフライに切り替え、釣り始めました。
d0247247_21330194.jpg
 このところニンフばかりしていて、ポイントにフライを投げ入れられるものの、何となく立ち位置がずれ、ドラッグがかかり、フッキングができず四苦八苦していると、何回かしてようやくニジマスをキャッチすることができました。
d0247247_21330158.jpg
 ハッチもなくなり、風が強くなり、場所を移動しようと考えましたが、疲れを感じ、楽しく釣りができたので少し仮眠して、少し早いですが帰ることにしました。

by BPE-3000R-SI | 2019-04-13 21:32 | フライフィッシング | Comments(0)

近場の渓流で

 今週末この地方で桜のピークを迎えることから、家内からお花見のリクエストに応えるため、日曜日に花見、土曜日に釣行としました。
 さすがに蒲田川釣行は日曜の花見は体に応えるため、久しぶりに愛知県内の近場の川に行くことにしました。
d0247247_23031022.jpg
 大岩は動いた様子はないものの、所々淵が転石で埋まっていました。水温は8℃と低く細かく探っているとようやくイワナを手にすることができました。
d0247247_23031325.jpg
 釣り上がって行くと、大きな出水があったようで高い所の苔など大半が剥がれていて、淵が転石で埋まったことがうかがえます。
 あまり反応もなく、忘れた頃にあたりがあるとバラしたりフッキングできずと四苦八苦し、明日のために早めに上がることにしました。


by BPE-3000R-SI | 2019-04-06 23:02 | フライフィッシング | Comments(0)

三度、蒲田川へ

 月初めの暖かさとは変わり、かなり冷え込みで平湯峠では-5℃を示していました。路面は雪、凍結もなく、問題はありませんでしたが、車を降りると寒く、しっかり防寒対策をして川へ向かいました。
d0247247_21121598.jpg
 天気予報は晴れの予報でしたが空一面の鉛色の雲に覆われ少し期待も高まりながら、岸辺を見渡しても、ハッチも流下も無く、またしてもユーロニンフスタート。時間は経つばかりで水深のあるところで当たりを感じるものの合わせられず、良いポイントでは結構なサイズをフッキングしながらもバラス始末。釣り上がり、ライズ待ちをしている人に声をかけると「東京からはじめて蒲田川へ来て、様子が分からない」とのことで少し話をして、だいぶ日が高くなた所でようやく、イワナを掛けホッとしたところでした。
d0247247_21121455.jpg
 その後、ヤマメにも出会うことが出来、少し活性が上がってきたのか、良い区間なのか、ドライフライのタックルを準備する間に湯を沸かし昼食を済まそうとしましたが、寒さで湯が中々沸かず時間を費やしてしまいました。
d0247247_21121578.jpg
 少し暖かくなったせいか、すこしハッチも始まり、ライズを見つけることも出来ましたが、解禁から3週間も立ったせいか一度フライに出たら、フライは無視しながらもハッチする水生昆虫はしっかり捕食しています。
 再びニンフに切り替えると、ドッロパーに当たり、リードフライのリーダーがぐるぐる巻きになり、四苦八苦。何度か続きましたが、午後からは集中が切れない程度に遊んでもらえました。 
d0247247_21121509.jpg
 今年の蒲田川は、川の状況が良いのかユーロニンフの腕が上がったのかは定かではありませんが楽しんでいます。

by BPE-3000R-SI | 2019-03-23 21:11 | フライフィッシング | Comments(0)
 解禁の週末とはよりやや少なく感じますが、それでも結構な人が蒲田川に訪れています。車を止め支度をしているところに友人がやってきて、曇りのち雨の予報が快晴であることをぼやきながら早速入渓。
d0247247_21075784.jpg
川辺に立ち観察しているとハッチはあるものの流下やライズは確認出来ずユーロニンフスタート。
d0247247_21075707.jpg
 相変わらず糸ふけにうまく合わせられず、好きな流れのポイントでイワナをキャッチ。写真を撮り、上流を見渡すと良さそうな所にはライズ待ちの人がいて縫うように上がっていく事になりました。集中が切れない程度にバラシと釣果を繰り返し、川の変化も無く、疲れお腹も空いたので昼食休憩。
d0247247_21075762.jpg
 再び、ニンフを流しているとライズを見つけたのでドライフライに切り替えるものの反応無し。釣っているとお腹の具合が悪くなり我慢しながら釣るのですが集中できず、トイレに行くことを決断。
 先週、お世話になった宿でトイレを借り、事なきを得たのですが、明日が仕事なので少し早く上がろうと考えていたため、もう一度同じ場所は時間が足りず、キャッチ&リリース区に行くことにしました。
d0247247_21075741.jpg
 入渓してすぐにイワナと出会い、気分が上がりましたが、またしてもあわせのタイミングがうまくいかず、中には当たりを感じ合わせたタイミングでドッロパーにもヒットして二匹ともばれたりしてしました。
 まもなくキャッチ&リリース区が終わるところでニジマスに遊んでもらい帰ることにしました。

by BPE-3000R-SI | 2019-03-10 21:07 | フライフィッシング | Comments(0)

解禁、蒲田川蘇る?

 いよいよ解禁をむかえ、雪が少ないと聞いていましたが、川は3月下旬かのような状況です。地元の知人に聞いてみてもこれだけ雪の少ない解禁は記憶にないほどだそうです。
 宿に集まり情報収集し、それぞれ入る場所を確認、私はマスターと一緒に入渓出来ることとなりました。天候は曇りで風もほぼ無く冷え込みはありません。
d0247247_20581804.jpg
 ハッチは少しあるもののライズが無いのでユーロニンフスタート。もたもたしてる間にマスターはすでに釣った魚の写真撮影中。私もあわせに手こずりましたがなんとかヤマメを釣り、その後もあわせがうまくいかないまま、上流の様子を見ると、いつもテンポ良く上がっていくマスターはあまり動かず、見るたびにロッドを曲げ釣果をあげ、テンポの遅い私が追いつくほどでした。
d0247247_20582638.jpg
 お昼近くには、ライズを確認しドライフライに切り替え、見切られることも多くありましたがイワナや良いサイズのヤマメにも出会うことが出来ました。ライズも無くなり再びユーロニンフに切り替え尺イワナを手にすることが出来き、集中力が切れず釣りを楽しむことが出来きました。
d0247247_20582691.jpg
 釣りの後は恒例の、温泉で疲れを取り、夕食を頂き、美味しい生ハムをつまみに、お酒を頂きながら談笑ですが、年々体力が衰え、少し早い就寝を迎えるのでした。
d0247247_20581441.jpg
 2日目は、これ以上無い好天となっていましたので、やはりユーロニンフスタート。昨日ユーロニンフのアドバイスをいただき実践するのですが、糸ふけをはっきり認識できず、当たりと感じた時には、水中でキラっとヤマメがくねる事が続きます。何とかイワナを釣り上げましたがそこから、釣果があげられず、ライズを確認するも見切られるのみ。
d0247247_20581562.jpg
 集中力も無くなり、集合時間を決めていたため、最後のプールと決めたポイントで尺イワナを手にすることが出来ました。
d0247247_20581589.jpg
 20年ほどこの釣りをしていましたが2日続けて尺物を釣ることは無く、まさにユーロニンフ様々という所でしょうか?
 いずれにせよ久しぶりに多くの魚気を感じる蒲田川解禁となりました。

by BPE-3000R-SI | 2019-03-02 20:56 | フライフィッシング | Comments(0)

2019郡上解禁

 郡上漁協の解禁は昨年より早く建国記念の日を絡めた3連休の中日に解禁を迎えました。
 解禁日に成魚放流するところは昨年秋に稚魚放流した箇所を除いた所とあって釣り人は集中するかと思いきや相戸にはそれほど多く集まりませんでした。
d0247247_21451853.jpg
 早めに現地に着きライズするには早い時間ですが川岸に立ち、渇水気味で水位は低く水も綺麗な川面を見ながらライズ待ちをするのですがライズは一向にありません。
 しばらくすると漁協の放流隊がやって来て放流。すぐに水になじみ、ライズをするので早々にキャッチ。
d0247247_21451768.jpg
 随分様変わりした解禁風景に落胆しながら、釣り人の本性を丸出しに自分に少々むなしさを感じつつ楽しむのでした。
 お昼頃には、川も静かになり釣り人も他の場所へと移動して行くようなので昼食を取り午後の時合いに向け、日差しで暖かい車の中で昼寝をして体力の回復を図るのでした。しかし、腰に違和感とお腹の具合がおかしく、我慢できそうに無いのでコンビニに駆け込んで難を逃れましたが、友人はあまりの勢いに、良い情報が入ったと思うほどだったそうです。
d0247247_21451797.jpg
 午前中はハッチしていたユスリカも午後からは全く無く夕方になっても全くハッチはもちろんライズすら無く郡上の解禁が終わりました。

by BPE-3000R-SI | 2019-02-10 21:41 | フライフィッシング | Comments(0)

2019解禁

 今年も2月1日を迎え、シーズン到来となり、いつもは美濃橋で解禁を迎えていましたが、今年は美濃橋修理のため放流は無く、別のポイントに集合することになりました。
 場所確保のため6時過ぎには到着しましたが、まだ暗く、すでに川に立っている人もいたので支度を始め、明るくなったところで、川に立ちライズ待ち
d0247247_20331575.jpg
 ルアーマンが底を取り釣果をあげているため、我慢できず無理と判っていてもビーズヘッドを付けたウエットフライで狙ってみますが大して沈みもし無いのでやはり無理でした。
 下流でライズがあるようで、仲間が釣っていたので場所を譲ってもらいますが影の移動とともにライズは上流に移動してしまいチャンスを物に出来ず。
 いったん上がり仲間と談笑していると朝立っていたところでライズを発見。何度かフライに出たのですが合わせられず再びチャンスを物に出来ず。
 お昼に近づくと風は強くなり、少し早めの昼食を頂き、お昼寝をして体力の回復をすることにしました。
d0247247_20331879.jpg
 日もだいぶ傾き、風も収まり、ライズもそこそこありますが私の立ち位置からかなり下流で、時々届きそうな所ろでライズするのでフライを流しますが反応無し、随分暗くなりフライも全く見えず諦めようとした時、少し遠目ですが届きそうなところでライズし最後の一投とばかり投げるとフライがあるであろう所でライズしたので合わせるとようやくキャッチ。
d0247247_20332109.jpg
 暗いためISO感度を上げ撮影しようと準備していると魚はネットから逃げてしましました。
 ともあれボウズを免れることが出来ました。

by BPE-3000R-SI | 2019-02-01 20:32 | フライフィッシング | Comments(0)