多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:フライフィッシング( 143 )

 解禁の週末とはよりやや少なく感じますが、それでも結構な人が蒲田川に訪れています。車を止め支度をしているところに友人がやってきて、曇りのち雨の予報が快晴であることをぼやきながら早速入渓。
d0247247_21075784.jpg
川辺に立ち観察しているとハッチはあるものの流下やライズは確認出来ずユーロニンフスタート。
d0247247_21075707.jpg
 相変わらず糸ふけにうまく合わせられず、好きな流れのポイントでイワナをキャッチ。写真を撮り、上流を見渡すと良さそうな所にはライズ待ちの人がいて縫うように上がっていく事になりました。集中が切れない程度にバラシと釣果を繰り返し、川の変化も無く、疲れお腹も空いたので昼食休憩。
d0247247_21075762.jpg
 再び、ニンフを流しているとライズを見つけたのでドライフライに切り替えるものの反応無し。釣っているとお腹の具合が悪くなり我慢しながら釣るのですが集中できず、トイレに行くことを決断。
 先週、お世話になった宿でトイレを借り、事なきを得たのですが、明日が仕事なので少し早く上がろうと考えていたため、もう一度同じ場所は時間が足りず、キャッチ&リリース区に行くことにしました。
d0247247_21075741.jpg
 入渓してすぐにイワナと出会い、気分が上がりましたが、またしてもあわせのタイミングがうまくいかず、中には当たりを感じ合わせたタイミングでドッロパーにもヒットして二匹ともばれたりしてしました。
 まもなくキャッチ&リリース区が終わるところでニジマスに遊んでもらい帰ることにしました。

by BPE-3000R-SI | 2019-03-10 21:07 | フライフィッシング | Comments(0)

解禁、蒲田川蘇る?

 いよいよ解禁をむかえ、雪が少ないと聞いていましたが、川は3月下旬かのような状況です。地元の知人に聞いてみてもこれだけ雪の少ない解禁は記憶にないほどだそうです。
 宿に集まり情報収集し、それぞれ入る場所を確認、私はマスターと一緒に入渓出来ることとなりました。天候は曇りで風もほぼ無く冷え込みはありません。
d0247247_20581804.jpg
 ハッチは少しあるもののライズが無いのでユーロニンフスタート。もたもたしてる間にマスターはすでに釣った魚の写真撮影中。私もあわせに手こずりましたがなんとかヤマメを釣り、その後もあわせがうまくいかないまま、上流の様子を見ると、いつもテンポ良く上がっていくマスターはあまり動かず、見るたびにロッドを曲げ釣果をあげ、テンポの遅い私が追いつくほどでした。
d0247247_20582638.jpg
 お昼近くには、ライズを確認しドライフライに切り替え、見切られることも多くありましたがイワナや良いサイズのヤマメにも出会うことが出来ました。ライズも無くなり再びユーロニンフに切り替え尺イワナを手にすることが出来き、集中力が切れず釣りを楽しむことが出来きました。
d0247247_20582691.jpg
 釣りの後は恒例の、温泉で疲れを取り、夕食を頂き、美味しい生ハムをつまみに、お酒を頂きながら談笑ですが、年々体力が衰え、少し早い就寝を迎えるのでした。
d0247247_20581441.jpg
 2日目は、これ以上無い好天となっていましたので、やはりユーロニンフスタート。昨日ユーロニンフのアドバイスをいただき実践するのですが、糸ふけをはっきり認識できず、当たりと感じた時には、水中でキラっとヤマメがくねる事が続きます。何とかイワナを釣り上げましたがそこから、釣果があげられず、ライズを確認するも見切られるのみ。
d0247247_20581562.jpg
 集中力も無くなり、集合時間を決めていたため、最後のプールと決めたポイントで尺イワナを手にすることが出来ました。
d0247247_20581589.jpg
 20年ほどこの釣りをしていましたが2日続けて尺物を釣ることは無く、まさにユーロニンフ様々という所でしょうか?
 いずれにせよ久しぶりに多くの魚気を感じる蒲田川解禁となりました。

by BPE-3000R-SI | 2019-03-02 20:56 | フライフィッシング | Comments(0)

2019郡上解禁

 郡上漁協の解禁は昨年より早く建国記念の日を絡めた3連休の中日に解禁を迎えました。
 解禁日に成魚放流するところは昨年秋に稚魚放流した箇所を除いた所とあって釣り人は集中するかと思いきや相戸にはそれほど多く集まりませんでした。
d0247247_21451853.jpg
 早めに現地に着きライズするには早い時間ですが川岸に立ち、渇水気味で水位は低く水も綺麗な川面を見ながらライズ待ちをするのですがライズは一向にありません。
 しばらくすると漁協の放流隊がやって来て放流。すぐに水になじみ、ライズをするので早々にキャッチ。
d0247247_21451768.jpg
 随分様変わりした解禁風景に落胆しながら、釣り人の本性を丸出しに自分に少々むなしさを感じつつ楽しむのでした。
 お昼頃には、川も静かになり釣り人も他の場所へと移動して行くようなので昼食を取り午後の時合いに向け、日差しで暖かい車の中で昼寝をして体力の回復を図るのでした。しかし、腰に違和感とお腹の具合がおかしく、我慢できそうに無いのでコンビニに駆け込んで難を逃れましたが、友人はあまりの勢いに、良い情報が入ったと思うほどだったそうです。
d0247247_21451797.jpg
 午前中はハッチしていたユスリカも午後からは全く無く夕方になっても全くハッチはもちろんライズすら無く郡上の解禁が終わりました。

by BPE-3000R-SI | 2019-02-10 21:41 | フライフィッシング | Comments(0)

2019解禁

 今年も2月1日を迎え、シーズン到来となり、いつもは美濃橋で解禁を迎えていましたが、今年は美濃橋修理のため放流は無く、別のポイントに集合することになりました。
 場所確保のため6時過ぎには到着しましたが、まだ暗く、すでに川に立っている人もいたので支度を始め、明るくなったところで、川に立ちライズ待ち
d0247247_20331575.jpg
 ルアーマンが底を取り釣果をあげているため、我慢できず無理と判っていてもビーズヘッドを付けたウエットフライで狙ってみますが大して沈みもし無いのでやはり無理でした。
 下流でライズがあるようで、仲間が釣っていたので場所を譲ってもらいますが影の移動とともにライズは上流に移動してしまいチャンスを物に出来ず。
 いったん上がり仲間と談笑していると朝立っていたところでライズを発見。何度かフライに出たのですが合わせられず再びチャンスを物に出来ず。
 お昼に近づくと風は強くなり、少し早めの昼食を頂き、お昼寝をして体力の回復をすることにしました。
d0247247_20331879.jpg
 日もだいぶ傾き、風も収まり、ライズもそこそこありますが私の立ち位置からかなり下流で、時々届きそうな所ろでライズするのでフライを流しますが反応無し、随分暗くなりフライも全く見えず諦めようとした時、少し遠目ですが届きそうなところでライズし最後の一投とばかり投げるとフライがあるであろう所でライズしたので合わせるとようやくキャッチ。
d0247247_20332109.jpg
 暗いためISO感度を上げ撮影しようと準備していると魚はネットから逃げてしましました。
 ともあれボウズを免れることが出来ました。

by BPE-3000R-SI | 2019-02-01 20:32 | フライフィッシング | Comments(0)

充実の浜名湖

 またしても用事で3週間ぶりの釣行となりました。10月からはキャスティング練習会も始まり、来週は用事もあり事実上、今シーズン最後の釣行となります。
d0247247_21094656.jpg
 満潮スタートなので、比較的浅い瀬に入り、周りの様子はシーバスやサヨリのボイルが頻繁に起こり、なにやら釣れそうな雰囲気。黒鯛フライをクラウザーミノーに変えてシーバスを狙ってみることにしました。
d0247247_21094681.jpg
 何回か小さいシーバスが掛かりましたが、ボイルの後ろにナーバスウォーターを見つけ、キャスティングするとガツンと大物の当たり合わせてロッドを立てようとした瞬間にラインブレイクし、いやな予感がよぎりました。
 潮も引き始め、次の瀬に移動すると少ないながらテイリングが有り狙うのですが反応ありません。晴れて風も少なくのですが雲が多く、彼岸の日差しは夏より傾き反射により水中の様子は分かりにく、やがてテイリングは無くなりナーバスウォーターに頼るのみとなりました。
d0247247_21094674.jpg
 ようやくヒットしたと思ったら引きがおかしく、寄せてみたらなんとスレ掛かり。キャッチしようとした途端にバレ足下でジッとしていました。
 気を取りなして釣っていると再びヒット、とても良い引きでしたが、引きがおかしく寄せると50cmオーバーのボラ。キャッチしようと手を伸ばすとまたしてもバレてしまいました。
d0247247_21094724.jpg
 魚気も無くうろうろしていると友人から魚気がある連絡を受け言ってみると友人はロッドを曲げています。私もがんばって魚らしき影を狙い投げているとようやく小振りの黒鯛を釣ることができました。
d0247247_21094730.jpg
 船に戻り次の瀬に移動することにしました。少し潮も上がり、テイリングも見当たらず日も傾き反射でよく分からず、ナーバスウォーターに頼りひたすらキャスティングし続けるとようやく良いサイズの黒鯛を釣ることができました。
 手にした魚は少ないもののようやく浜名湖を満喫することができました。

by BPE-3000R-SI | 2018-09-23 22:09 | フライフィッシング | Comments(0)
 用事があって、またしても3週間ぶりの釣行となりました。
d0247247_22534560.jpg
 曇りの予報でしたが明るく時々晴れ間も出る天気となって、小潮で干潮スタートとなり、今度こそはと出陣しましたが、魚気がありません。
d0247247_22534427.jpg
 瀬に立ち1、2時間ほどでボラがテイリングし、その中でわずかに黒鯛がテイリングしたのですが反応しません。20分ほどで終わり満潮までチーバスに遊んでもらっただけとなってしまいました。
 次のポイントに移動中、友人たちとの話の中で同じ時間帯にわずかな時合いが有りその時だけとのこと。
d0247247_22534453.jpg
 午後から風が強まり、波頭が立ち、テーリングも起きません。あまりにひどいため潮が動くまでみんなでお昼寝。
d0247247_22534569.jpg
 体力が回復したところで再び釣りを始めるのですが、風も収まらずテーリングもなければナーバスウォーターが分かりません。それでも風が収まったわずかな時間にナーバスウォーター?らしきものにキャスティングするのですが・・・
 SALT-HDは曲がらずに終わりました。
 厳しい状況の中ちゃんと成果出せるのはいつのことになるのでしょうか

by BPE-3000R-SI | 2018-09-02 22:52 | フライフィッシング | Comments(0)

厳しい浜名湖

 前回の不甲斐ない結果から、台風、キャンプとで3週間ぶりの釣行となりました。
d0247247_21555904.jpg
 大潮で満潮スタートのため水深は深いため、比較的浅い瀬を選びスタート。いくつかの影を発見しキャスティングしますが反応ありません。
d0247247_21562299.jpg

 昼過ぎの干潮に備え少し早めの移動し、瀬に降り立ち釣りを始めると前回のようにあちこちに黒鯛の姿が見えず、魚が見当たりません。しばらく探していると風が強まり波が立ち少し濁り始めきたとき、何気なく後方を見るとすぐ近くに巨大な黒鯛が目を合わせたとたん逃げ去っていきました。
d0247247_21560004.jpg
 そんなこんなで干潮を迎えましたが、台風の影響なのか、潮は下げきらず、それでも潮の差してくる時のチャンスを狙ってとがんばりましたがチャンスは訪れず、一日経ってしまいました。
 何か大切なことが足りないようです。

by BPE-3000R-SI | 2018-08-11 21:51 | フライフィッシング | Comments(0)

あつい浜名湖の始まり

 7月に入り様々の事情からようやく浜名湖に繰り出すことが出来ました。ここ数年は7月の浜名湖釣行は水温も低くウェーダー使用していましたが梅雨明けと同時に体温を超えるような暑さでウェットウェーディングでも暑さがこたえます。
d0247247_21302558.jpg
 朝方、瀬に降り立つと周りはナーバスウォーターやテイリングだらけ、長い時間動けない状態が続きましたが、凪いでいるためフライの着水音や、ティッペットが真上に着水すると逃げてしまい、注意してキャスティングするのですがフライに反応せず、より近くにキャスティングすると勢い余って直撃。厳しいスタートとなりました。
d0247247_21302596.jpg
 干潮を迎える頃に風が吹き始め過ごしやすくなり、日も高くなり、黒鯛の影もかなり確認できますが、フッキングには至りません。
 やがて風は暴風となり、波頭が立ち、潮も濁り始めましたが、それでも黒鯛は確認でき中には巨大なものも混じっています。時々フライを追う様子を見せるのですがフッキング出来ません。
d0247247_21302569.jpg
 いつになく一日中黒鯛を目視できたにもかかわらずノーフィッシュで終わってしましました。


by BPE-3000R-SI | 2018-07-22 21:28 | フライフィッシング | Comments(0)

久しぶりの降雨中の釣り

 SNSには黒鯛の釣果がチラホラ上がっていますが、6月いっぱいは渓流。黒鯛は7月からと心に決めているところです。
 以前はこの時期は木曽方面に行っていましたが、入漁料が高くなって足が遠のき、さらに御嶽山噴火したことで全く行かなくなってしまい、久しぶりにと思ったのですが、最近、人里離れた所に単独で行くことに不安を覚えるようになり、雨も降るようでしたので秋神川に行くことにしました。
d0247247_21541969.jpg
 調子の良い年は、あちこちに釣り人を見たのですが、釣れているとの情報が無いことで、釣り人にもほとんど会いません。今にも降ってきそうな天気で少しハッチを見つけたので、久しぶりにドライスタート。全く反応も無くようさそうなポイントではニンフも流すのですがかすかな当たりがあるのみで釣果とはなりません。
d0247247_21541996.jpg
10時頃から雨が降り始め、変化でもあるかと期待しましたが、何も起こらず、集中力も切れ、少し早めの昼食を取り、昼寝をして気力の回復をする事にしました。
 シトシトとドライでも支障の無い程度の雨が降り続ける中、ドライとニンフを交互に釣り上がります。ニンフで良い当たりを掛け損ね、少し魚気が出てきたのかと感じながら、ようやくドライフライにさびが抜けきらないようなアマゴが反応。水面で反応するドライフライの釣りはやはりワクワクします。
d0247247_21541971.jpg
 これを機に雨の中、サイズは上がらないもののドライフライに反応が良くなり、放流して間もないようなニジマスも釣れ楽しむことが出来ました。
d0247247_21542075.jpg
 雨の中、完全防備で濡れることはありませんが、やはり体が冷え疲れて、イブニングを待たず帰ることにしました。

by BPE-3000R-SI | 2018-06-23 21:53 | フライフィッシング | Comments(0)
 台風が梅雨前線を押し下げ梅雨の晴れ間と言うより、気温、湿度が低く5月に逆戻りという感じです。
 先週も用事と台風接近で出掛けることも出来ず、久しぶりの釣行です。週末の雨が気になりましたが大して降らずほとんど影響は無く、秋神川のキャッチアンドリリース区間が少し気になったので確かめに行くことにしました。
d0247247_22062415.jpg
 今年はもちろん、チェコニンフからスタートです。今にも雨の降りそうな天気で、はじめは稚魚ばかり反応して、ようやく釣れるとニジマス?その後、晴れ上がり反応が無いばかりか魚気も感じられません。
d0247247_22062498.jpg
しばらく反応無いまま釣り上がると入渓ポイントに先行者を発見したので移動しましたが反応無く釣り上がっていくと、久しぶりにライズを発見。早速ドライフライに切り替えましたが反応ありません。
d0247247_22062497.jpg
ニンフとドライと切り替えながら釣り上がりましたが何も起きず、精根尽き果て帰宅の途につきました。

by BPE-3000R-SI | 2018-06-16 22:05 | フライフィッシング | Comments(0)