多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

金環日食

 金環日食は名古屋では前回1080年12月14日の932年ぶり、次回は2041年10月25日の29年後は生きていられるかどうか自信がないのでの最初で最後の一大イベントと思いがんばって観測しました。
 一眼カメラでの撮影は、フィルターND100000がビッグカメラで11,800円もしたこと、ND400とND8の組み合わせでも値段はあまり変わらないので撮影はあきらめていました。そこでコンパクトカメラのレンズの前にBE-PALのおまけの観察用めがねを使用することを思いつき、後でトリミングすればいいか・・・
 トリミングするならケラレてもと考えたら120-300mmF2.8のレンズでも行けるかとテスト。光量が落ちるものの相手が相手だけに「まっいいか」。
d0247247_22122147.jpg

 その上、この観察用めがねに使用されているフィルム。おまけなので安価なフィルムがあるはずとWebを探すと同じものではないにしろアストロソーラーフィルム(A4サイズ)3000円ほどのものがありました。おまけに撮影用と観察用の2種類。
 でも、すでに売り切れでしたし、観察用のものがあるものの金曜日では間に合わず。トホホホ・・・
 朝は曇り勝ちで心配していましたが、時より薄雲から日食が除くのでフィルム無しでパチリ。
d0247247_22124830.jpg

 金環となる頃にはすっかり晴れ観察と撮影が出来、日食のピーク前後は涼しく、欠けが小さくなるにつれ日差しの暖かさが増す貴重な体験も味わうことが出来ました。
 撮影は、フィルム使用はそうと暗くf2.8 1/10でしたのでテレコンバーターを使用するとf5.6 1/6なりさすがに大型三脚でも厳しいものがありました。よくよく考えればISO感度を上げれはよかったと詰めの甘さが垣間見えるのでした。
d0247247_22133646.jpg

 さらに、ピントは∞にすればといっぱいに廻して撮影。途中でAFレンズの特性を思い出しピントリングを廻してショック・・・・
d0247247_22132022.jpg

 つくづく詰めの甘さを感じるのでした。トホホホ・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-05-21 22:16 | 行事 | Comments(0)