多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 この時期、気になるポイントがあるので■部さんを誘って出掛けることにしました。道すがら川を覗くと良い水量。人も少なそうで期待できます。
 入渓ポイントに着くと不思議と濁っていいるではありませんか、工事を行っているわけでもなく、しばらく上っていくと沢からの濁水が入り濁っていることが判りましたが、いつもこの沢がよい釣果を出しているので残念な状況です。
d0247247_23163967.jpg
d0247247_23165427.jpg

 二手に分かれ、釣り始めるとすぐに23・4cmのニジマスがヒット。結構な流れの中から勢いよく出てくれます。その後、集中力が切れない程度にニジマスが相手をしてくれ、この区間の終わり当たりでようやくヤマメも遊んでくれました。
d0247247_231766.jpg
d0247247_23171928.jpg

 さらに上流のお目当てのポイントに行くもののハッチは無く、今ひとつ。釣り上って川から上がれないので、入渓ポイントに戻りながら、行きのポイントもう一度、釣ろうと下っていく途中、■部さんが、よろけ、ロッドを持つ手を岩についた時、その衝撃でロッドティップが折れてしまいました。
d0247247_23174331.jpg

 というわけで、■部さんは車に、私は1時間ほど釣りをすることにしました。その時、私にもアクシデントがやってきました。本日初めてのイワナが釣れたので写真を撮ろうと、ネットにイワナを入れ、カメラを出そうとゴソゴソし、あるはずのネットに目をやるとありません。トホホホ・・・
 そのあと、アマゴ、イワナが釣れ、28cmほどのニジマスが釣れたものの写真を撮ることが出来ませんでした。トホホホ・・・
 私の予備ロッドを■部さんが、■部さんの予備ネットを私が使い、別のポイントへ移動です。はじめは反応もなくつり上がっていくうち、レインウエアを着るほどではない雨がパラパラし始め、少し反応も出始め、いいサイズのヤマメがフライに出たのですが掛け損ねてしまい、見ていた■部さんから「今のは尺を超えていたね~」という声に落胆も倍増、その上かなりハードなコースで疲れもマックス。そんな中、上がり際に28cmのヤマメをゲットしたところで本日は終了。
d0247247_23181115.jpg

私は、ニジマス、ヤマメ、イワナ、アマゴのグランドスラムを達成できましたが、■部さんは、尺ニジマス、尺ヤマメ、尺イワナのグランドスラムを達成するのでした。
 今日は妙に暑くかなりバテましたが楽しい1日を過ごすことが出来ました。しかし、ネット何処へ行ってしまったのでしょう。トホホホ・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-30 23:12 | フライフィッシング | Comments(0)
 先日の釣行で、少し離れた距離でアキュラシーが不安定で、手首だけで投げていることに気づき、少し疲れた体を引きずって練習場に行きました。
d0247247_23121891.jpg

 このところ、あまり練習をしていないので、腰の回転を使わずにストローク伸ばす練習をメインにやることにしたのですが、うまくいきません。肘の位置が動いていないことに気づき早速修正。少し良くなってきたのでロングキャストを練習するのですが・・・
 草が10cmほど成長しラインを地面におくとピックアップに引っかかってやりにくい状態と、疲れが出てきましたので少し早めに帰ることにしました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-24 23:11 | キャスティング練習 | Comments(0)

飛騨川水系へ

 ゴールデンウィーク以降、仕事や旅行で釣りに行けずにいましたが、久しぶりにルーキー君を誘って飛騨川水系川へ行くことにしました。
 この川は、5月の下旬ともなるとそれなりの釣果がある事と、ルーキー君がはじめと言うこともあり特に情報の無いまま向かうことにしました。さらに入漁券の購入場所を確認しようと漁協のホームページを見ると日曜日は前泊が条件の釣り大会があり、相当の人出になると心配していましたが、着いてみると釣り人の姿が見あたりません。
d0247247_239081.jpg

 お目当てのポイントに入り、左右岸に分かれ川に入ると水が冷たく、魚の気配を感じません。気温が上がるお昼近くに期待しながら釣り上がることにしました。
 ようやく、20cm程度のイワナが顔出し、写真を撮ろうとすると手からスルット逃げてしまいました。もしかすると最初で最後かと言う予感がよぎり、しばらく釣れません。 ハッチがぼちぼち始まり、単発のライズを発見しようやくキャッチ。
d0247247_2391753.jpg

 一方、ルーキー君の行く手にライズを発見したことを告げると2連ちゃんでかけ損ねガックリと肩を落としていました。
d0247247_2394689.jpg

 ハッチも増え、ライズも増え、一匹釣るもののその後がばらしてばかり、1時を過ぎたころには、ハッチもライズもなくなり、せっかくのチャンスをものにすることが出来ませんでした。トホホホ・・・
d0247247_2310739.jpg

 車に戻り、ルーキー君がコーヒーを入れてくれるというのでご馳走になることにしました。エチオピア豆でやや酸味のある美味しいコーヒーを頂きました。
 ところで、今日はどうだったか聞くと4匹釣り、バラシも入れれば10匹ぐらいでしたと興奮気味。釣りを始めて初めてのことだったそうです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-23 23:10 | フライフィッシング | Comments(0)

瀬戸内旅行

 釣りにいい季節は、行楽にもいい季節のため、家内から「自分ばっかり遊んでないで何処かへ連れて行って」のリクエストに応えるべく宿泊料金を節約するため日曜日宿泊の旅行を計画しました。
 予てより本場讃岐うどんを食べたいと思っていたので香川県を旅行の目的地としましたが、
香川県でうどん以外に思い浮かぶのは金刀比羅、栗林公園でプランを練っていると通過場所に鳴門の渦潮の文字。香川県へ行くなら直島もいいと聞いていた事を思い出し、鳴門の渦潮→金刀比羅(宿泊)→直島→栗林公園のプランを立てましたが、地中美術館が月曜休みのため、栗林公園はあきらめ、直島→金刀比羅(宿泊)鳴門の渦潮とルートを変え、出発しました。
 直島に渡ろうと宇野港へ向かうと宇野港でイベントがあり大渋滞。駐車場は無くあえなく車と共に直島へ渡ることにしました。
d0247247_2148573.jpg

 予定より大幅に遅れ、まずは昼食を取り、お目当ての地中美術館へ。作品数は少ないものの建物も含め総合的に造られていて久しぶりにアーティスティックなもの触れた充実感を味わうのでした。
d0247247_21493043.jpg
d0247247_21495220.jpg

 他にもモダンな神社、古民家などとてもおしゃれな感じのせいか若い女性、白人の観光者が多く、特に銭湯がユニークで見ていた飽きない存在でした。
d0247247_21501836.jpg
もう少し時間がほしいところでしたが高松行きの最終フェリーに乗り、島をあとにしました。
 そのため宿へは、夕食時間ギリギリとなり、おいしい夕食を楽しみ、明日の金刀比羅詣でのため早い就寝としました。
 宿にあったパンフレットには90分程度と書いてあったので行ってみると金刀比羅本宮まで785段の所要時間であり、奥社まで1368段ではないことはすぐにわかりました。
d0247247_21504937.jpg
d0247247_2151234.jpg
 しかし、金刀比羅さんといえば1368段というイメージなので根性出して行くことにしました。もはや参拝と言うより登山という感じです。
 いよいよ、お目当ての本場讃岐うどんです。ウェブで調べ、善通寺インターの近くにある「長田in香の香」に行き、こちらでは味わった事のない出汁と歯ごたえに堪能しました。
d0247247_2151225.jpg

 鳴門の渦潮は、日本では干満の差の大きいこの時期がベストと思ったところでしたが、金刀比羅登山に費やしたことが尾を引きピークから1時間ほど経っていました。次の観光船は40分後とさらにピークから離れ事になるため、すぐに出港する水中の渦潮も見られる「アクアエディ」に乗ることに。
d0247247_21515463.jpg

 ピークは過ぎていましたがすごい迫力。海流も渓流のように流れに圧巻です。
d0247247_2152775.jpg

 比較的、早い時間でしたが、金刀比羅登山の疲れがどっと出ていたので近くの鳴門公園に立ち寄り帰宅の途につきました。
d0247247_21521832.jpg
d0247247_21522841.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-18 21:46 | 行楽 | Comments(0)

長良川迷走

 ゴールデンウィーク後半は、雨が降るという予報で4日に戻りシラメを考えていましたが、3日のドライブで疲れ起きられず5日に行くことにしました。
d0247247_22592467.jpg

 昨日の降雨で少しだけ水位は増えましたが、濁りもなく期待しながら支度して川に降り立つと、ストーンフライ、メイフライのハッチ。それをツバメがものすごい勢いで補食しています。しかし、川は静かなもの、極たまに流芯を外れたところでライズがあるのみでした。
 場所を移動するですが、ハッチもライズも見当たりません。出会った餌釣り師に状況を聞いてみると「小さいアマゴを2匹」「今年は20日くらい遅い感じ」だそうです。
d0247247_22593463.jpg

 ポイントをよく判らず、夕方に期待しようと昼食を取り、昼寝をして夕方に備えました。
 夕方は、全く静かなもの移動する時間もなく、本日は終了。
 つくづく、運だけに頼って釣りをしていることに大きく反省するのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-05 22:57 | フライフィッシング | Comments(0)

ロッドスタンド

 廃材を利用してロッドスタンドを作成しました。
d0247247_22563725.jpg

 古い塗料をサンダーで落とし、釘が見えないようダボで接合し、塗装をして、キャスターをつけて完成です。
d0247247_22564992.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-04 22:54 | DIY | Comments(0)

思いがけない収穫

 ここ数年は、春と夏は必ず道の駅三岳行くことが恒例になりました。春は山菜と春の野菜が新鮮で美味しくお値打ちで手に入るので、出掛けることにしました。
d0247247_2322487.jpg

山菜の他に、弁当、蕪漬けも目当てに行ったのですが10時で蕪漬けすでに売り切れ、いつも以上に車が多く、結構人気が出てきたようです。
d0247247_232335.jpg

 三岳に行くのはいいのですが、周りはあちこち行っているのでその後のことはなのも考えていませんでした。
d0247247_23233852.jpg
道の駅でもらったパンフレット見て、すでに桜の終わった高遠の近くにある道の駅「南アルプスむら長谷」に向かうのでした。特に見るものは無く、近くに何か無いかとパンフレットをみると「マルスウイスキー」があることを思い出し、工場見学に行くことにしました。
d0247247_23242798.jpg
d0247247_23243710.jpg
d0247247_23251676.jpg

 マルスウイスキーは、「マッサン」こと竹鶴政孝氏をスコットランドに送り出した、岩井喜一郎氏が生み出した蒸溜所です。初めて行く蒸溜所の見学にワクワクしながら見学すると、貯蔵庫は、樽の香りとウイスキーの香りが実に気持ちよく、工場は麦汁の香りが充満し、暑く、ウイスキーつくりが勉強出来、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 車で行ったため、試飲は出来ませんでしたが、「ツインアルプス」「信州」「岩井」を購入。小さい蒸溜所なのであまり見かけないので奮発してしましました。飲むのが楽しみです。
d0247247_2325589.jpg

 その後は、国道153号を名古屋に向け、車を走らせ、途中の道の駅によりながら帰宅しました。
 購入した山菜は、タラの芽は天ぷらに、ウドは酢味噌と天ぷら、ノビルは味噌をつけて美味しく頂きました。
d0247247_23253572.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-03 23:25 | 行楽 | Comments(0)
 久しぶりにキャスティング練習ですが、カメラも携帯も忘れてしまいましたので写真がありません。
 長いラインを投げようとすると、いろいろ問題はありますが、まずは、ロッドを振りすぎる(ロッドを倒しすぎる)ことを矯正しようと練習をしてみました。ループのコントロールを意識することでロッドの正しい位置を確認することが出来ました。
 しかし、ストロークを延ばすために腰を回転するとロッドティップが弧を描いてします。クローズドスタンスで腰の回転を制限すると安定するのですが、ストロークが長くできません。
 ひとつずつ問題を解決していかなければ・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-05-02 21:54 | キャスティング練習 | Comments(0)