多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

産直ドライブ

 お盆を過ぎると木曽方面の美味しいトウモロコシが出回るのでここ数年この時期に、道の駅三岳に買い出しに行っています。
 買い出しだけではつまらないことと、三岳の近辺をドライブしているので、道中、気になっていた定勝寺、田立の滝により、少し足を伸ばして、岩村へ行くことにしました。
 週初めの天気予報で決めていた若干晴れ間のありそうな木曜日に出掛けることにしました。結局、天気予報も当てにならず、今週はほとんど雨交じりの天気となってしまいました。
d0247247_23092917.jpg
d0247247_23092930.jpg
d0247247_23092952.jpg
 道の駅三岳の産直品は、昼近くではめぼしい物が売れてしまうため、早めに出掛けることにしています。この日も初めて聞く珍しいチダケが有ったので購入してみました。お目当てのトウモロコシは親戚、友人に美味しい美味しいと話をしていましたので30本の大量購入です。他にも夏野菜を購入しましたが、日照が不足しているため不作のようでした。楽しみにしていた蕪漬けは今年は無くて残念でなりません。
 その後、近くの道の駅に立ち寄ると三岳の3~7割高い値段で売っていました。恐るべし道の駅三岳。
d0247247_23092951.jpg
 道の駅から定勝寺に向かう途中、いつも素通りしている19号沿いの小野の滝に立ち寄り思った以上に大きいことに驚きました。
d0247247_23092997.jpg
d0247247_23092937.jpg
d0247247_23111719.jpg
 定勝寺は、山門が立派で境内はとても綺麗に手入れされていて山の中のお寺とは思えなほどすばらしい物でした。さすが国の重要文化財です。少し調べてみたくて「しゃべってコンシェル」で「じょうしょうじ」と伝えると「城彰二」しか出ません。トホホホ・・・
d0247247_23114131.jpg
 次に田立の滝ですが、田立の滝は一つではなくいくつかの滝があり、総称としているようです。駐車場から山道を片道徒歩50分程なのですが、雨が降ったり止んだりでしっかりした装備がなく危険なので車で行ける、うるう滝だけ見ることにしました。
d0247247_23092924.jpg
d0247247_23092965.jpg
 岩村に向かい、岩村城跡を訪れました。岩村城跡石垣はしっかり原形をとどめ苔むし歴史を感じさせとても良い雰囲気です。岩村城は、本丸が諸藩の居城中最も高い海抜717mに位置しているため、日本三大山城の一つに数えられているそうです。
d0247247_23092988.jpg
 その後、岩村の旧城下町を散策することにしました。岩村も古い町並みの保存、復元だけでなく歴史、文化を紹介するなど観光に力を入れてるようです。このところ各地でこうした取り組みが増えているようです。長年培われ伝承された地方文化を紹介され、歴史を感じられることに興味が湧くようになってきましたが、年を重ねてきたせいでしょうかね~。
 観光も終わり、後はトウモロコシを届けるだけとなりました。
 
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-08-28 23:08 | 行楽 | Comments(0)

庇作り

 仕事柄、お盆休みはなく代わりに3日間の夏期休暇を7~9月の間に業務に支障ないように取るシステムになっています。さらに職場では、「GO5サマーキャンペーン」と銘打って1週間休みを取れという指導なので心置きなく休むことにしました。
 自宅の裏が2mほど高く、雨が降ると雨と共に砂が飛んできて、エアコンなどの室外機、釣り道具などを干していると砂まみれとなってしまことが、予てより気になっていました。 
d0247247_23031906.jpg
 この長期休暇を使い、対策をすることにしました。いろいろ方法を考えましたが、ベランダの下から庇を出すことにしました。
 今週は天気が不安な中、採寸し、材料と若干の工具を18,000円ほど掛け、翌日から製作開始。
d0247247_23034013.jpg
 杭を打ち、雨樋を付け、梁を掛け、桟木を張る所で1日終了。
d0247247_23034074.jpg
d0247247_23034032.jpg
d0247247_23034034.jpg
 二日目に防腐、防虫塗装を行い、2時間ほど乾燥していた所ににわか雨。取りあえず流れ出さなかったので、ポリカーボネードの波板を張って、張り終わったら、土砂降りの雨となりやれやれと思っていたら、ベランダと波板の重ね合わせが少なかったせいで隙間から雨が漏ってきます。トホホホ・・・
d0247247_23052908.jpg
 次の日、コーキング剤を購入に早速施工してようやく完成です。
 蒸し暑い上、何度も2mの高低差を上がったり下がったりしたのでクタクタでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-08-27 23:02 | DIY | Comments(0)

幻の40オーバー

 台風とお盆で2週間ぶりの釣行となりました。
 今回は、浜名湖マスターの■部さんということで大きく期待が膨らむのですが、気予報は一日小雨模様。それでもフィッシング沖の駐車場は満車状態。雨が降りそうな状態の中出陣です。

d0247247_23434676.jpg
 雷を気にしながら、釣り始めるのですが、薄暗く、テーリング、揺らめき頼りにクロダイを探すしかありません。もっとも晴れてもクロダイを見つける自信もありませんけど・・・
d0247247_23435316.jpg
 テーリング、揺らめきで魚は確認出来るのですが、釣れません。一方■部さんはしっかりゲット。さすがです。
 数回ポイントを移動する先、魚気を感じるのですが釣れません。そうこうしているうちに少し晴れ間が見え気温も少し上がってきました。
d0247247_23435959.jpg
 今年は昨年に比べ藻が多くテーリングがなければ全く魚が見つけられません。近寄ると魚がスプラッシュして逃げていきます。途方に暮れていると■部さんから電話で「差してきた潮にクロダイが入ってきた。」早速合流

。四苦八苦してようやくクロダイを掛けたのにリーダーがトップガイドに入ったところでバレてしましました。トホホホ・・・
 先日、釣った30オーバーより少し大きい感じでしたが■部さん曰く「今日のクロダイはコンディションは良くないので引きの割には大きいよ」とのこと。
 幻の40オーバーだったか~

d0247247_23440527.jpg
 その後、雨が降ってきて、クロダイの警戒心も薄れてきたせいかすぐ近くまで寄って来ています。数回アタリがあるもののフッキングならず、今日はこれまで
 フィッシング沖の駐車場で顔見知りと会うと口々に「魚がいない」。杉浦さんと■部さんだけが「いっぱいいたよ~」この二人のポイント見極めは格別です。 
まだまだ勉強不足です。


[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-08-23 23:42 | フライフィッシング | Comments(0)

三度浜名湖へ

 関東圏に引っ越した友人から浜名湖サイトをやってみたいという後輩がいるので一緒に連れて行ってほしいということで出陣です。
 世間は狭いもので、その後輩は、私がワチェットで油を売っている時に熱心に本流フライのタイイングを勉強していて2回ほど話もしていた人でした。
 この日は、干満の差も小さく比較的浅い□□瀬で釣ることにしました。しかし、すでに2人の方が釣りをしていたので反対側で釣ることにしました。
 到着早々、テイリング。慌てて支度し釣り始めるのですが反応がありません。すると後輩君が「来た~」とばかりにロッドを曲げているではありませんか。まさに「ビギナーズラック!」と思ったところで残念ながらバレてしまいました。
d0247247_22541007.jpg
 いきなりテイリングに遭遇したことで、ソルト未経験の後輩君にあわせのコツを話すことを忘れていました。少し説明をして再び釣りを開始するのですが、その後、誰も反応がありません。しかし、ピックアップする時かわいいシーバスが遊んでくれました。
d0247247_22541676.jpg
 曇り時々晴の予報は、鉛色の雲で覆われ放しで肌寒さすら感じます。
 潮も止まり、移動しようかと考えた時、フィッシング沖の駐車場に■川さんの車が止まっていることを思い出し、状況を来てみようと電話をしてみると、朝の上げ始めにテイリングが有ったもののパッとしないとのこと□□瀬に行こうとと考えていたとのこと。こちらの状況を話すと同じ場所で粘ってみようとのことでした。
 隣の瀬に渡ろうと目をやると数人の人影が見えたので移動を諦め、一日同じ瀬で釣ることにしました。
 潮が止まっている間に後輩君が練習をしたいとのことでしたので、これでもCIの端くれ早速即席の練習会。聞いてみるとダブルホールが出来ないとのこと。そこで、ダンベルの着いたフライをロールキャストでピックアップし、シュートの練習。何とか15mくらいはコントロールできるようになりました。
 キャスティングの重要性を熱く語り、10月に開催するCi-Chubu練習会を宣伝するのでありました。
d0247247_22542379.jpg
 潮が下げ始めたので、釣り始めることに、相変わらず鉛色の空のため、見づらく目を皿のように凝視すると藻の切れ間になにやら気配を感じ。魚の姿をきっちり確認できないのですが、このところ魚らしき気配を感じると「疑わしきは魚」とばかりに投げるように心がけています。すると直撃もしくはティッペットが触ったらしく「ボワッ」と渦を作り逃げていきます。この繰り返しばかりです。相変わらず間合いがつかめません。トホホホ・・・
 日差しがないせいか、気温が上がらず、足を頻繁に痙るので船に戻りお昼寝をすることに。
 目を覚ますと相棒2人はテイリングを見つけたらしく、藻が引っ掛かり悪戦苦闘の様子。
 釣りながら近づいていくとテイリングも終わり、本日はあえなく終了。
 フィッシング沖で杉浦さんがスクールを終え戻っていた所状況を聞いてみると「上げはじめは良かったけれどそれ以降は全然」とのこと。少ないチャンスを確実に物にできません。トホホホ・・・
 一方、後輩君はすでに2級船舶免許に合格し、後は交付を待つのみ。沖の大将に操船を教えて貰うことを約束し、いろいろ必要タックルをそろえねばと闘志を燃やすのでありました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-08-02 22:52 | フライフィッシング | Comments(0)