多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 消費税増税等によるガソリン代高騰と、5月は何かとお出掛けが増えたことで、釣りに行く小遣いの余裕がありませんので、キャスティング練習です。
 週末から気温が上がり、急激な温度変化で体調が釈然としない状態です。
 このところ、#8、60ftのシューティングヘッドを使い、キャスティングにおいてフォワード(バック)キャストに移る時にロッドを起こすタイミングをより前方(後方)に、また、起こすまでにいかに真っ直ぐにスムーズに動かすことを重点に練習しています。
d0247247_23171341.jpg
 このことは、エキスパートディスタンスを投げられることと、釣り上がりの釣りで、ライン(ティペット、リーダー含む)コントロールが、たまにうまくいった時のキャスティングを思い返すと、フォワードキャストに移る時、ロッドを起こすタイミングが前方であること、ロッドを起こすまでロッドティップが長い距離真っ直ぐに移動していたことから、無意識にこの動きが出来るようにしたいからです。
 練習中、長い草に引っ掛かるためシュ-ティングヘッド全て出すことが出来ず、良いループも20回に1回ぐらいしか出来ません。トホホホ・・・
d0247247_23172067.jpg
 やたらに暑いので集中力もなく、調子も上がらないので少し早めに帰ることにしました。
 帰宅し、ニュースを見ると真夏日となり熱中症の注意喚起をしているではありませんか。渓流は半月ほど遅れた感じがあったのに平地は2ヶ月も早まっています。困ったものです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-31 23:16 | キャスティング練習 | Comments(0)

本流釣り上がり3

 各地でドライが好調との情報を聞き、どこに行こうか考えましたが、前回、前々回、■部さん、■立さんがいい思いをしてましたが、私は相変わらずの結果のまま。前回もやや水温が低めと言うこともあって、今回はいい状況にな行ってるのではと思い、三度行くことにしました。今回は■部さん、■立さんは本流ツーハンドで大もの狙いと言うことで単独の釣りとなりました。
d0247247_22372688.jpg
 いつもの駐車スペースに行くと車も無く、独擅場と思いながら道を下っていくと、バイクを発見。おまけにスコットの文字のあるロッドケースが括り付けてありました。今更、場所を変える気もしなかったこと、上流に人影を捜すのですが見当たらないので、釣りを始めました。
 ハッチもボチボチとあり、風もほとんど無く、釣りをするには最高のコンディションと思いっていると、すぐにヤマメをキャッチすることができ、撮影。その後は、ネットが乾かない程度の頻度で楽しんでいました。
d0247247_22373616.jpg
 気になる先行者はと、上流を見ると、かなり上流に人影を発見。フライマンかと思っていたら餌師のようでしたので一安心。
d0247247_22374542.jpg
d0247247_22383176.jpg
 その後は、ヤマメ、イワナ、側線に血が滲んだような朱の模様のあるヤマメ(もしかするとアマゴ)といつになく好調な釣りを楽しんでいました。中には、フライを見切る魚も居るのですが、これが結構いいサイズ、相変わらず詰めが甘いです。
 お昼近くになり、おなかも空いてきたなと思いながら、でかいのが出ないかな釣っていると、小さめの淵でふたつの流れが合わさる所でフライに反応、明らかに尺を超えるような引き、引きを楽しみながら、無事ランディング。体高のある33cmほどのレインボーを釣ることができました。うれしさ余って早速フェイスブックにアップ。
d0247247_22384173.jpg
 昼食を取りながら、まわりの様子を見ていると、いつになく3cmほどのカワゲラが飛び交っています。風に吹かれ水面に落ちるので、ライズでもしないかと見ているのですが残念なことにライズはありません。昼食を済まし釣り上がろうとした頃から、風が強くなりカゲロウのハッチも見当たらなくなったら魚の反応がありません。
 いつも以上に釣り上がり移動するのですが、反応はありません。大石の河原は歩くのにかなり疲れ、取りあえず車へ戻ることにしました。
d0247247_22385165.jpg
 川から上がる地点で、ライズを見つけ、気持ちよくキャッチ出来たので、車に戻り小休止。
 ポイントを変えようかそれともイブニングもやろうかと考えましたが、疲れがドッと出たことと、楽しい釣りができたことで帰ることにしました。
 帰りの途中、■部さんから電話でイブニングか好調なことを聞き、つくづく詰めの甘さを感じながら車を走らすのでした。(ちなみにハンズフリーなので走行中でも電話は出来ます~)

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-27 18:56 | フライフィッシング | Comments(0)
 自作の#8、48ftのシューティングヘッドを溶着し、60ftに改造し、練習に行きました。
 ヘッドを全て出して練習をし始めるのですがループが開き、少し長くなってきた草に引っ掛かり、うまくいきません。ラインを長くするとまだまだ力任せに振るくせが抜けません。トホホホ・・・
d0247247_22154937.jpg
 ラインを短く持ち、改めてスムーズに加速し、SLPを意識しながら練習すると、不安定ながら少しずつラインを長くできるようになってきました。
 練習している時、たまにバックがタイトループになるとフォワードが格段にいい感じになります。
d0247247_22155559.jpg
 この時、バックキャストに入る時力が抜けスムーズな加速ができ、SLPも長い距離を稼いでるように感じます。しかし、すぐに調子に乗って力みが入りループが乱れてしまいます。トホホホ・・・
 昨日の疲れもあって、さすがに疲れてきたので撤収することにしました。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-18 23:14 | キャスティング練習 | Comments(0)

花の窟神社と熊野古道


 友人から花の窟神社は日本最古の神社と聞いていて一度訪れたいと思っていました。さすがに神社だけのドライブでは寂しいので世界遺産の熊野古道も訪れようと、ゴールデンウィークに行こうと予定していた日が雨のため延期していました。また、5月いっぱいでETC割引率が下がることとで月末ぎりぎりになると渋滞が予想されるので早めに行くことにしました。
 熊野古道は、熊野三山へ通じる参詣道で広範囲に広がっていましたので主目的である花の窟神社の付近を通る世界遺産に登録されている、松本峠と風伝峠を散策し、丸山千枚田に立ち寄ることにしました。 
d0247247_22075463.jpg
d0247247_22080921.jpg
d0247247_22080332.jpg
 まず、はじめは松本峠近くに駐車し、国道からすぐの所に石畳、苔むした石、木漏れ日、歴史を感じさせる雰囲気です。世界遺産なのでさぞかし人が多いかと思いきや、まばらでいい感じでした。松本峠をとおり、鬼ヶ城城跡へ向かう途中の展望台からは七里ヶ浜が一望。天気も良く新緑が美しく絶景です。
d0247247_22083354.jpg
 花の窟神社へ向かい、まずは参拝、社殿はなくご神体は巨岩でいかにもパワースポットという感じです。
d0247247_22084187.jpg
d0247247_22084759.jpg
 神社横の休憩所でサンマ寿司とめはり寿司いただき、腹ごしらえと休息をした後、次の風伝峠と向かいました。
d0247247_22085876.jpg
 風伝峠は、世界遺産に登録された箇所が少なく、全く人に合わなかったせいか、より神秘的に感じました。しかし、残念なことにその区間は短く、車に戻るため舗装道路を結構歩く羽目になりました。
d0247247_22091081.jpg
d0247247_22091868.jpg
 この頃、すでに万歩計は12,000歩を超え、家内はクタクタ。一方、私はそれほど疲労した感じはありません。釣りのために日頃歩いて鍛えていることと、渓流ではもっと足場の悪い所を歩いているおかげでしょうか。
d0247247_22093218.jpg
d0247247_22094001.jpg
 車に戻り、丸山千枚田へ向かいました。田植えの時期のためか、田んぼには水が張ってありすでに田植えも終わった所、これからの所があるようでした。非常にのどかの風景でした。
 まだ家路に着くには早いので帰り道の途中にある鬼ヶ城に立ち寄ることにしまた。午前中に鬼ヶ城のほんの目と鼻の先まで来ていたのですが熊野古道にどれだけの時間が掛かるか予想が付かなかったので省いていた箇所でした。と言うわけで鬼ヶ城へ向かうわけですが、家内は車に乗った瞬間、夢の中です。
d0247247_22094872.jpg
 鬼ヶ城では潮の香りを感じながら散策を楽しんだ後、家路に着きました。
 大泊から名古屋まで、尾鷲市内を除いた区間が高速道路となり快適に帰ってきたのですが、途中何も寄る所がなかったため、せっかく熊野、尾鷲まで行って海産物を何も買わずに帰ってきてしましました。トホホホ・・・
 今度は、もっと下調べをして行きたいものです。
 
 次の日曜日、スタイルプラスで尾鷲、梶賀町の「あぶり」が放送され、さらに後悔するのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-17 23:06 | 行楽 | Comments(2)
 昨日の釣行で起きられたら練習に行こうと思っていたら7時半に目が覚めたので練習に行くことにしました。
 日頃、キャスティングがなかなか上達しないことをワチェットで愚痴っていると、鈴木さんから、いつも使うタックルを替え10ftぐらいのロッドで17・8mのシューティングヘッドで練習すると良いとのこと。
 随分前に#8DTを48ftのシューティングヘッドを作って練習をしたこともあったことと、随分前に練習用に購入した#8、9ft6inを使って練習することにしました。 
d0247247_22312030.jpg
 今まで、エキスパートディスタンスを遠投しようとするあまり、ロッドを振りすぎたり、ロッドを早く立ててしまったり、体を使ってストロークを伸ばそうとするあまりバランスを崩していたのでこれを矯正することを目的にしました。
 練習は、ロッドティップを長い距離を真っ直ぐに動かすこと。バックキャストの時ロッドを倒しすぎないこと。ホールを大きくすること。ロッドを早く立てないことを意識しながら行いました。
 ちゃんと出来ているか確認するにあたり、ループの形。アッパーレグ、ロアーレグの方向が一緒か。バックキャスト時にロッドを振る前に投げる方を向き、ループがタイトか、ラインを落として投げたかった方向かを確認しながら、行うことが出来、不安定ながらだいぶ良くなってきました。
d0247247_22312775.jpg
 今回、特にロッドを止めた時に手の握りを緩める程度にし、そのまま前方あるいは後方にスムーズに移動できロッドを起こすことができると、アッパーレグに乱れが無くとても良い感じです。力まず、スムーズなティップの動きがとても重要であることを感じました。シーズンに入り実釣においてフォワ-ドキャストに移り始めた時にこの動きができると直進性が良くコントロールが正確になることを思い出しました。今更ですが鈴木さんは随分前からこのこと言及していことも思い出しました。
 風が結構あったのですが、#8ラインのため風の影響が小さく練習することが出来ましたが、ロッドが重く長いことラインが重いことで結構疲れました。
 家に帰り、48ftのシューティングヘッドを60ftに改造です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-11 23:30 | キャスティング練習 | Comments(0)

本流釣り上がり2

 ■部さんに、前回、本流釣り上がりと同じ場所にお誘いの連絡をした所、■部さん、■立さんは先週を行ったそうでしたが、5月と思えないほど気温が低く苦戦し満足満足していないようでした。
 ということで同じメンバーで出陣することになりました。
d0247247_22251957.jpg
 ゴールデンウィーク明けのの最初の休みなのかサービスエリアはガラガラ、道中、釣り人らしい車の駐車もほとんど無く良い釣りが出来ると期待しながポイントに着いたのですが、風が強く、気温も5月中旬とは思えないほどの低温。
 自然状況の悪さをぼやいてもしょうがないので、3人で距離を置き釣りはじめましたが、反応がありません。10時頃少し暖かくなったかなと思った頃にハッチが見え始め、反応が出始めるのですが、強風のため?コントロールが定まらずドラッグを起こしてしまうため、フッキング出来ません。また、フッキングしてもばれてしまします。トホホホ・・・
 ■部さんと合流し、状況を聞くとまあまあのサイズを5匹ほど釣ったとのこと。一方■立さんに目を向けると良いサイズのヤマメの撮影に興じていたので、ちょいとポイントを借りてようやく可愛らしいイワナを釣らせて貰うことが出来ました。
d0247247_22281302.jpg
 ポイントを移動しながら、ライズを見つけ、まずまずのヤマメをキャッチ。
d0247247_22254061.jpg
私が四苦八苦して釣っている頃、■部さんは竿を何度も曲げ、中には良いサイズのレインボーをゲットしていました。
d0247247_22254652.jpg
 ハッチのピークが過ぎたようなのでポイントを大きく移動することにし、再び距離を置きながら釣ることに。早速ライズを見つけ、まずまずのイワナをキャッチ出来ましたが、それっきり。
d0247247_22253081.jpg
 イブニングの時間となってきたのでイブニングのポイントへ移動。昼の状況からするとかなり期待を持っていたのですが・・・
 夕方、この時期にふさわしくない肌寒さと、ゴールデンウィークに魚が抜かれてしまったせいでしょうか?それにしてもゴールデンウィーク明けのせいなのか他の釣り師には一切会いませんでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-10 23:24 | フライフィッシング | Comments(0)
 ゴールデンウィークにトイレ棚を製作していたこともあり、Ci-Chubu練習会以来の久しぶりの練習となりました。
 いつもの練習場所に行くと河川敷のど真ん中にタープが張られBBQの準備をしていたので少し離れた場所で始めることにしました。
d0247247_21473122.jpg
 風が強く練習には不向きな状況でしたが、練習会の時に反省した、ロッドを早く起こしてしまうクリーピングの修正を集中的に練習しました。
 ラインを40ft出し、ホールを行わずフォルスキャストの時にローディングピークを出来る限り前方に持ってこられるようにロッドを起こす位置を前方に持ってくる練習を繰り返しました。ラインは、徐々に伸ばし50ftまで伸ばし50ft以上はダブルホールをして練習を繰り返していました。しかし、シュートとなると今ひとつ。トホホホ・・・
 日頃、リストをちゃんと使っていないせいかい、以前痛めたテニス肘が復活の兆候が現れた頃、お昼に近づいたので撤収することにしました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-04 23:46 | キャスティング練習 | Comments(0)

無計画ドライブ

 ゴールデンウィーク後半は高速道路の渋滞が予想されていたので昭和の日に熊野古道へと計画していました。しかし、あいにくの大雨。
 日を変えて平日に出かけようと思いましたが高速代が高すぎるので憲法記念日に出かけることにしました。でも、熊野方面は相当な渋滞予報。そのため比較的渋滞のない木曽方面にとりあえず向かうことにしました。
d0247247_21394140.jpg
d0247247_21395047.jpg
 木曽方面と言えば、家内の大好きな道の駅三岳を目指し、お目当てのコシアブラ、コゴミ、タケノコ、手作り弁当を購入し、これからどこに行こうか相談するのですが思い浮かびません。いつも釣りの行き帰りでは看板を見て今度行ってみようと思うのですが、いざ来てみるとすっかり忘れています。
d0247247_21395886.jpg
d0247247_21400612.jpg
結局、自然湖に向かうことに。道すがら桜が散り始め、遅い春を感じながら自然湖に到着。相変わらず神秘的な風景です。散策を楽しんでさて次ですが、思い浮かびません。
 結局、5、6年前に行った奈良井宿へ行くことにしました。
d0247247_21401350.jpg
d0247247_21404071.jpg
d0247247_21404731.jpg
 奈良井宿は中仙道の宿場町で、島崎藤村の「夜明け前」で有名になった馬籠宿と比べてマイナーであるものの、昔の風情を醸し出そうととても良い町並みになっています。ゆっくり散策を楽しみ、家路に着くことにしました。
 帰りの途中で、トイレ休憩がてら道の駅に寄った時に山菜を見るのですがいずれも三岳のほぼ倍の値段。再度、道の駅三岳の産直のお得さを確認するのでありました。
 帰りの道すがら、田立の滝、定勝寺など、まだ立ち寄ったこと無い所を思い出すのですが、往路はひたすら目的地に脇目もふらず突っ走るため気が付かないようです。
 猪突猛進型には、計画的なプランが必要のようですね。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-03 23:38 | 行楽 | Comments(0)

トイレ棚

 以前からトイレットペーパーのストックをトイレの中に置きたいと考えていましたが、トイレの隣に物置の棚があったことと、なかなか良い棚が見つからなかったため、ほったらかしでした。4月に消費税が8%に増税されるに当たりささやかな抵抗としてトイレットペーパーなどの消耗品をまとめ買いしたため、今までの棚に入り切らなくなってしまいました。

d0247247_22482724.jpg
 職場で長期休暇を取るキャンペーンがありゴールデンウィークをゴールデンなウィークにしてトイレ用の棚を作ることにしました。
 トイレットペーパーが剥き出しでは格好悪いので扉をつけることにしました。
d0247247_22483786.jpg
d0247247_22484693.jpg
d0247247_22490202.jpg
d0247247_22493738.jpg
d0247247_22492293.jpg
 以前、防湿庫を作った経験を生かしいろいろ細工をしてみました。
 最後に塗装をして完成です。
d0247247_22495388.jpg
 丸4日かかりましたが、精度を上げるのは難しいです。


[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-02 22:47 | DIY | Comments(2)