多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

キャスティング練習86

 台風15号の影響で土日は荒れる予報でしたが、予報は見事に外れ晴れとなりました。
 と言うわけで、いつもの練習場へ行くと草が刈られ、いい感じになっていました。 
 先週と同じように、全てのタスクで「ロッドエンドを腕の中心へ」を意識して練習しましたがやはりまだまだです。おまけにアキュラシーは、ミスが多く特にオフショルダーは特に安定しません。その上、この期に及んで、ロングディスタンスも何か不安定になってしまってます。トホホホ・・・ 
d0247247_21295111.jpg

 台風15号くずれの低気圧による湿った暖かい空気によりとても暑く不快に感じられたうえ、おまけに帽子を忘れたせいでより暑く感じ集中力が落ちた事にしておきましょう。

 CI試験まであと64日です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-31 23:28 | キャスティング練習 | Comments(0)

ガッタンゴー

 家内が、テレビでガッタンゴーを見て、ものすごく食いついたので行くことにしました。ちなみに、ガッタンゴーは、神岡鉄道の廃線を利用した自転車のアクティビティです。
 家内の頭の中は、山のほうへ行く=産直。特にこのところ、産直=道の駅三岳、と言う図式になっているので、今回のルートは三岳、風穴の里、神岡でドライブとなりました。
 出発すると、格好な雨。ガッタンゴーが出来るかと心配しながら道の駅三岳到着。
d0247247_2227182.jpg
d0247247_22275345.jpg

 たくさんの夏野菜とお弁当を購入。今までいろいろ産直を回りましたが三岳は一番お値打ちでした。特にお目当てのトウモロコシ4本で500円でした。
d0247247_22273726.jpg

 三岳でめぼしい物を購入して、道の駅風穴の里に向かう途中、大型バスとすれ違うことが増えたので、なにかあるか?と考えると!上高地までの通り道だと気づきました。なので風穴の里はさぞ混んでいるかと思いきや、大したこともなく、簡単に駐車できました。
d0247247_22284950.jpg

 風穴の里というので、富士の風穴をイメージしていたら残念。
d0247247_2232734.jpg

 山のれき層の間から冷たい空気が吹き出す場所を利用して保存庫にしていた物でした。
 三岳で購入したお気に入りの弁当を少し早めに食べ、いざ、神岡へ。
 安房峠を越えると車はすっかり少なくなり、見慣れた風景が目に入ってきます。少し時間があるので何回も横を通っている足湯に初めて浸かって見ることにしました。
d0247247_22292744.jpg

 せっかく栃尾に来たのですから、ハム工房のベーコンを買わずにはいられません。と言うわけでゲット!
d0247247_22295092.jpg
d0247247_22301786.jpg

 いよいよ、ガッタンゴーです。
d0247247_22304289.jpg

 昔、良く自転車であちこち走っていたせいか、先頭だったため、飛ばす飛ばす。帰りも飛ばす飛ばす。
d0247247_22311347.jpg

 おじさんおばさんが年甲斐もなく。係員の人にも「飛ばしたね~」と言われてしましました。思ったより楽しかった。
 運動したせいか、夜はガッツリ食べたくなったので、瑞鳳橋の近くの九龍居で夕食にしました。食い過ぎました。
 しかし、相変わらず行く場所が釣りがらみです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-25 23:23 | 行楽 | Comments(0)

キャスティング練習85

 昨日の雨で、今までの暑さとはうって変わって練習がしやすい気温になりました。
 先週、鈴木さん指摘していただいた、「リストを閉じたときにロッドエンドが腕の中心に着いていない。ロッドティップが直線的に動いていない。」ので全タスクで意識して練習しました。
d0247247_22335930.jpg

 が、そんなに簡単に修正出来ません。トホホホ・・・
 風が少しあって、やりにくいですが、こんなことでめげていては試験の時に慌ててしまいます。がんばれねば。それにしてもアキュラシーが決まりません。
 リストに意識しすぎたせいか疲れました。
CI試験まであと71日です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-24 22:03 | キャスティング練習 | Comments(0)

キャスティング練習84

 CI試験を受ける○○さんが日曜日に鈴木さんにレッスンを受けるという事なので一緒に受けることにしました。 当然レッスンはタスクに基づくものです。
 今までの練習のせいか、指摘されることが少なくなってきました。勿論、完璧と言うわけでもなく、まだまだ修正すべき点は沢山あります。
d0247247_2243770.jpg

 
 1.意図的なテイリングはもっと明確にすること。
 2.リーチキャストは、アッパーレグのスピードは早すぎるとうまくいかないのでスピードのコントロールが重要。
 3.アキュラシーにおいてフォワードキャストに移るときにクリープしている。バックのループが延びるのをしっかり待つこと。
 4.全般的にリストを閉じたときにロッドエンドが腕の中心に着いていない。ロッドティップが直線的に動いていない。

 まだ、若干ありますがこんな感じでした。
d0247247_2243376.jpg

 自分の中で4番目の項目はかなりやっかいで全てのキャスティングにおいて影響するので早く修正しなければ行けません。トホホホ・・・
 
 練習をしてきて最近、ライントラブルが減ってきたことを実感します。
 練習している内に、フライを投げるとは別のロッドの動かし方とか、ラインの置き方とかが身についていくのでしょうか。
 それと浜名湖でツーハンドを使ってポッパーを投げるとき、楽に投げられるようになりました。
 やはり、キャスティングの原理が身に染みついていくのでしょうか。
 
 ともあれ、CI試験まであと77日です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-18 23:39 | キャスティング練習 | Comments(0)
 毎週土曜日には、肩の治療のため通院をしているのですが、お盆休みのため病院はお休みです。日曜日にキャスティングレッスンを受けることになっている事もあって、土曜日に浜名湖へ行くことにしました。
 夏ばて気味とお盆渋滞を気にしていた、■部さんは迷っていたので単独行動になること覚悟していたところ、潮が気になると言うことで付き合って貰えることになりました。
 まずは鉄板ポイント。しかし、状況は良くなさそうなので、すぐ切り替え次のポイントへ。
 攻めようと思っていたポイントから少し離れた所に船を着けると、クロダイの影と蠢く様子。(勿論、■部さんが見つけています)
d0247247_22321731.jpg

 早速、二手に分かれ釣り始めることに。しばらく目を皿のようにして水面を見ていると、アマゴが流れの中でライズしているような姿を発見。何度投げても何の反応もありません。どんどん近づいてみると、色が青っぽい。クラゲでした。トホホホ・・・
 気持ちを切り替え、様子を覗っているとかなり離れているところで紛れもないクロダイのしっぽが水面で出てパタパタしているのを発見。近寄る内にどこかへ行ってしましました。
 肩を落としていると、離れたところでテーリング祭りが始まり、今度こそと、近づいてもテーリング続いているので、慎重にキャスティング。ついにヒット。
 ついに40越えかと思うような引きでしたが結果35cm。まだテイリングは続いているので、フライを変えたりするのですが全く反応がありません。しばらくするとクロダイの尻尾は消えボラの尻尾だけとなりやがてテイリングが治まってしましました。
 風が止み、初めて遭遇した超~べた凪となり、静かな感じです。
d0247247_2233314.jpg

 潮も止まり、■部さんと合流すると「テーリングを見つけるもの獲れない。今日はやっちゃったかな~」なんて言っていたのですが、いつも結果を出す男の余裕の言葉にしか聞こえませんでした。
 潮も動き始め、少し距離を取りながら、釣っていると、服部さんが大きくロッドを曲げ、なかなか寄せられない様子。ようやく取り込むと45cmの見事なクロダイ。
 ■部さん曰く「今年の魚はコンディションがよいせいか、サイズに比べて引きがよい。」とのこと。
 私は、このあと全くいいとこ無しで、■部さんは大小合わせ8匹ほど。サイズの小さいものをリリースし、結果はフィッシング沖のホームページのとおりです。
 船に戻る際に、魚の見つけ方のレクチャー受けながら移動するのですが、相変わらず飲み込みが悪すぎます。トホホホ・・・
 このあともポイントを移動するのですが、思っていた以上に潮の上がりが早かったので上がることにしました。
 フィッシング沖で写真を取り、水温が高かったせいで魚のダメージが大きく1匹だけリリースし、1匹を私がいただき、残りの2匹はかねこ屋さんで調理していただくことにしました。
d0247247_22332084.jpg
d0247247_22333288.jpg

 かねこ屋さんで、杉浦さん御一行と夕食をご一緒させていただくことになり、浜名湖サイトフィッシングについてのいろいろお話を聞かせていただきました。ありがとうございました。
 杉浦さん、■部さんの話の中で感じたことですが、お二人とも、ポイント選び、攻略法ともかなり細かい所まで神経を使っていて、さすがエキスパートと感じました。
 大雑把な私には、とても考えが及びません。トホホホ・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-17 23:27 | フライフィッシング | Comments(0)

百日紅

 今日も、キャスティング練習に行こうと考えましたが、昨日同様、暑いとの予報なのでさすがにあきらめました。
 と言うことで、涼を取りながら久しぶりに愛車を洗車することにしました。
d0247247_21482446.jpg

 この暑い中でも、今年の春に玄関脇に植えた百日紅が花を咲かせていました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-11 23:35 | その他 | Comments(0)

ロールキャスト練習機2

 ロールキャスト練習機を改良しました。
d0247247_21344830.jpg

 練習機を26・27ft辺りにおいて、いちいち、ヤーンを練習機にひっかけに歩いて行くのは面倒なので、投げて引っかけようとしていたのですが、なかなか引っかからず、効率が悪いので幅を倍にしてみました。
 これで、かなりの確率で引っかかります。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-10 23:34 | キャスティング練習 | Comments(0)

キャスティング練習83

 天気予報の予想最高気温37を越える猛暑日でしたがめげずにキャスティング練習に向かいました。
 いつもの練習場所についてみると既にうだるような暑さ。
 そんな中、アキュラシー用の的と、ロールキャスト練習機をセットし、練習開始。暑さのせいで集中力は散漫となり、ただただロッドを振るのが精一杯な感じです。
d0247247_21312886.jpg

 特にオフショルダーでのタスクはうまくいきません。考えてみれば、練習はいつも左からの風受けながら、小道具をセットしていますのでやりにくいのは当たり前です。が、やはり練習不足な点は否めません。
 ひたすら暑さと闘いながら練習をしていると、■羽さんが一仕事終え、少しだけロッドを振りに来ましたが、あまりの暑さに早々に引き上げて行きました。
 私も、これ以上やっていると熱中症になりそうなので11時に引き上げることにしました。
 
 CI試験まであと85日です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-10 23:30 | キャスティング練習 | Comments(0)
 7月は太平洋高気圧の勢力が安定せず、コロコロと変わる天気に振り回され気味でしたが、8月は夏型の気圧配置が強まり暑くなるとの予報を信じ、■部さんに付き合ってもらいました。
d0247247_21132535.jpg

 ■部さんは、前日、prawnpopperさんと釣行のため現地で8時に合流することとなりました。合流前のポッパーで一仕事をしようといつものポイントへ。ちょうど潮が止まっていたため、しばらくは反応無し、潮が動きめてしばらくして、ポッパーにアタックするもののフッキングできません。反応もなくなった頃、合流の時間になりひとまずフィッシング沖へ戻ることにしました。
 ■部さんと合流し、昨日の状況を聞くと「地震のあと全く反応が無くなった。・・・」とのこと。今日は天気も良く夏の浜名湖と言う感じで地震の影響が尾を引いていなければ良いのですが。
d0247247_21142724.jpg

 まずは、第1のポイントに着いてしばらくすると■浦さんがお客さんと共に現れ「○○が思ったより潮の引きが早いのでこちらに来た。浜名湖の潮位は読み切れない」とのこと。
 何はともあれ、釣り始めるのですが、ボラを見かけるもののお目当てのクロダイは一向に見つけられません。ポイントを□□に移動しようと話をしていると■浦さん一行が移動し始め、□□に上陸。このところよくかぶるそうです。
 なので、別のポイントへ移動しましたが、既に見知らぬ4人が上陸中。広いフラットなので特に影響はありませんので上陸して釣り始めることにしました。しかし、今年はホントにフライマンが増えましたね~。
 しばらく、何の変化のないまま、潮が止まり、■部さんとフラットをウロウロしていると、やがて潮が差してきたのか、■部さんの指さす方にクロダイの群れ(私は指さされようやく判る程度)を発見。お言葉に甘えキャスティングするのですが、なかなか釣れません。そうこうしていると、あちらこちらの藻の間に私にも確認できるほどの黒い影がウヨウヨ。初めて見る光景です。何とか1匹釣り、久しぶりに犬の散歩の如くクロダイの散歩が出来ました。
d0247247_211523.jpg

 そんな状況が1時間ほど続きましたが、結果はフィッシング沖のホームページのとおり。小さいの2匹が私の釣果です。
 ■部さんは、42cmをしのぐロッドの曲がりを何度か見せていましたが、点在する藻に潜り込まれ外れたり、藻にフライが絡まないよう少し早めのリトリーブがフッキングを甘くしてしまう事を自分に腹を立てていました。
 それに引き替え、遠くを狙うあまりフライを突っ込ましたり、群れのど真ん中フライを投げ込み魚を散らしたりで全く冴えません。トホホホ・・・
 そんな中、クロダイは、ラインが落ちた2・3mの所でも驚いてしまうのでアプローチはやはり慎重さが重要ですね~
 しかし、フラットを一日歩くのは途中で座って休めないし、かなり疲れます。少し潮が上がって船に上るとき必死です。何か工夫をせねばなりません。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-04 23:47 | フライフィッシング | Comments(0)

キャスティング練習82

 先週、キャスティングレッスンを受けた日の夕方に肘が痛み出したので、よくよく考えてみると、肘を痛めたのは、ロングキャストの練習においてロッドを立てるのを出来るだけ前の位置で行い、ロッドエンドが腕に着くまでリストを閉じる練習をやり過ぎたことにあります。レッスンを受けるとき、鈴木さんに見ていただく緊張からか、フォワードキャストにおいてしっかりリストを閉じていることに気がつきました。
d0247247_225128.jpg

 と言うことで今日は、タスク全体のおさらいと今まで指導していただいた細かいところにも意識しながら練習することにしました。
 しかし、ラインコントロール、アキュラシーは一発で決まりません。ロングディスタンスも実に不安定です。トホホホ・・・
 まだまだ、練習あるのみです。
 CI試験まであと92日ちょうど3ヶ月です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-08-03 23:58 | キャスティング練習 | Comments(0)