多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

から梅雨?

 梅雨のはずですが、梅雨前線は南の方。全く梅雨らしくありません。
 梅雨が明ければ浜名湖へと決めていたことと、先週の台風上陸で渓流の渇水は緩和されたはずと考えいつもの御岳山麓の川へ行きました。
d0247247_2246219.jpg

 到着してみると車止めのゲートの場所にすでに5台の車が駐車してありました。
 ともあれ、とりあえず、予定していた所で入渓しました。
 ハッチもなく、つり上がるものの稚魚のアタックのみで良いザイズの魚は全く出ません。
 そうこうしていると、お昼少し前から少し曇り始めようやくまずまずのサイズの魚が出たと思ったらランディング手前でバラしてしましました。気を取り直し頑張っているとようやくかわいいサイズのアマゴをゲットしました。
d0247247_22461775.jpg

 今日はこの繰り返しで結局、かわいいサイズのアマゴのみとなりました。トホホホ・・・
d0247247_22463252.jpg

 オープンな渓相なせいなのか、自分の腕のせいなのか、この時期、天気が良いすぎるとこんなもんなのでしょうか?
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-30 22:45 | フライフィッシング | Comments(0)

キャスティング練習27

 今日もキャスティング練習に行きました。
 いつもの練習場所に着いてみるときれいに草が刈られていました。
 今日のテーマは先週の復習、リストの開きのチェックです。少しリラックスしてできるようになりましたが、問題も復活。
 ロッドにラインが当たることと、ロアーレグのラインに水平方向にスラックが入ることです。
 でも、対策方法はわかっているので早速、修正。
 しかし、相変わらず何かができると、何かができなくなります。トホホホ・・・
d0247247_0271641.jpg

 そうこうしていると、■田CIさんがやってきて、
 フォワードのリストの使い方がすごくよくなってきているとのこと。
 バックはリストに気をとられすぎづ、リストの回転、腕の振りにならいことを意識すること。
 バックキャストのライン方向のチェック方法などいろいろとアドバイスをいただきました。
 ちなみに、■田CIさんは昨日浜名湖で、ポッパーで1匹、サイトで1匹の釣果とのこと。浜名湖はもう始まっているようです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-24 23:26 | キャスティング練習 | Comments(0)

キャスティング練習26

 昨日の疲れでやや遅く起きキャスティング練習に向かいました。
d0247247_2354238.jpg

 先週、ワチェットの鈴木さんに指摘していただいた、リストの開きとバックキャストの方向。
 リストの開きは、ロッドエンドの跡が付くぐらいに押さえられるように意識しました。
d0247247_23543383.jpg

 リストを閉じている感覚は、左手でロッドエンドを押さえ振り、時々感覚をチェックしました。
 おかげで、ロッドエンドの跡が付くようになりましたがグリップの位置が一定でないため上下に散らばってしまいました。
 バックキャストの方向は、風が強く、よくわかりませんでしたが、リストの開きがかなりコントロールできていることで、かなりラインは力強くなってきました。
 後はもっとリラックスしてできるようにすることです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-17 23:56 | キャスティング練習 | Comments(2)

渇水からの脱出

 5月の降水量が過去最低なり中部の川はかなりの渇水となっています。
 土曜日には、まとまった雨となる予報だったので日曜日は増水のため釣りにならないのと、増水中に魚の活性が一時的にあがることを期待して、御嶽山を水源とした川に行くことにしました。
 5月後半からよい評判を聞いていたので、ダム差しでも上がると期待もしていきました。
 着いてみると、予報どおりの雨。
d0247247_23174897.jpg

 少し、増水しているかと思いきや。ほとんど増水していません。案の定、釣り上がると、ハッチもなく何の反応もありません。しばらく釣り上がると遠くに先行者を発見。
 先行者は、一つのポイントをしつこく攻めて2・30分ほど動きません。
 やむなく、ポイントを移動。
 餌師が帰り支度をしていたので、情報を聞いてみると「雨でもう少しよいかと思ったらイマイチ」とのこと。
 気を取り直し、釣り続けるとようやく20cmを満たないかわいいイワナ。
d0247247_23175424.jpg
その後は、15cmほどイワナとアマゴの稚魚が数匹という結果。
 力尽き、あえなく帰還。トホホホ・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-16 23:16 | フライフィッシング | Comments(1)

父の日??

 娘が資格試験を受けるので会場に送ってその足でキャスティングレッスンを受けました。
 試験が終わって、姉妹で買い物に行くと言うことなのでお向かいは免れました。
 夕食が終わった時にドーナツの箱を見つけたので、娘に「買ってきたの?」と聞いたら「見つかっちゃった」というので「何で??」というと「今日は父の日だから」とのこと・・・・
d0247247_2321161.jpg

 「父の日は来週だよ」というと「え~~~」
 聞くと、買い物を楽しんだ後、今日が父の日と勘違いし慌てて、何にしようかと考えたあげく目の前にドーナツ屋があったとのこと。
 優しい気持ちはありがたいのですがおっちょこちょいなのはね~。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-10 23:57 | 行事 | Comments(1)

キャスティング練習25

 今週は、釣り行けないのでかねてより鈴木さんにキャスティングレッスンをお願いしておきました。
d0247247_049245.jpg

 この時期なので、もちろんマスターの鈴木さんとマンツーマン。みっちり、コーチを受けることが出来ました。
 修正箇所は、今までの練習の成果もあってか、かなりリストが閉じているものの、まだまだ甘い状況でした。その上、バックキャストの時ティップが外側に振られていることでした。
 修正ポイントは、リストの関しては、フォワードキャスト時にロッドエンドを腕に押しつけることを意識すること、バックキャスト時はロッドエンドを前腕を振り終えるまで離さないこと。ティップが外側へ振られることについては、ロッドエンドをラインの投げる方向に向けることでした。
 指摘されたことを実践するとスムーズかつ力強いラインが出来ます。やはり基本がまだまだでした。トホホホ・・・
 しかし、以前は指摘されてもなかなか実践できませんでしたが、今回は指摘されたことが実践?できるということは少しは進歩したのかと慰めるのでした。 
 自主練習では、行き詰まっていたので鈴木さんに修正のアドバイスをもらって今後の練習の糧にしていこうと思うのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-10 23:48 | キャスティング練習 | Comments(0)

キャスティング練習24

 先週、ワチェットの鈴木さんに聞いたアドバイスに従い練習してみました。
d0247247_23201312.jpg

 草丈が長くなったことにより、苦手なバックキャストを上げようと意識することでアーク角の前後のバランスが狂うことと、ラインが下がる前に早くラインを引こうとすることで急加速をしているようです。
 このことに気をつけながら、ロングキャストを練習してみると納得のライン軌跡を描けるように?
 やはりつい余分な力を入れすぎることがトラブルの原因のようです。
 なかなかこの癖は直りませんね~
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-03 23:21 | キャスティング練習 | Comments(0)

御嶽山麓の川へ

 本流釣りでは、結果でなかったので気分を変えてつり上がりの釣りと少し欲を出してダム湖インレットから刺してくる魚を狙って御嶽山麓の川へ行きました。
 今年は、6月だというのに新緑が真っ盛りという感じで本当に季節が遅く感じます。
 すでに先行の車が1台と、もう一人が準備中だったので話をしてみると手前から入るということだったので予定通り自転車で奥へ行くことにしました。
d0247247_2229828.jpg

 ゴールデンウィーク後まともな雨もなく、予想したとおりかなりの渇水で心配していましたが、入ったすぐにバラしたものの、フライに出たので気分を良くしてつり上がるものの昼近くまで反応無し。
 すこし早い昼食を取り、気を取り直しつり上がるとようやくイワナがヒット。
d0247247_22292686.jpg

 この川は放流がないことから数は少ないもののヤマトイワナがとても良い状態で釣れることがお気に入りです。
 この後、渇水のためかシビアで1度フライを見に来ると二度と見に来ません。
 四苦八苦してようやく小振りなアマゴ一匹、その後も見切られたり、フッキング出来ずでおしまい。
d0247247_22294369.jpg

 おまけに足を滑らせおしりを思い切り打ち、車に乗る時に痛くて痛くて。トホホホ・・・
d0247247_22295936.jpg

 ダムのインレットを狙いに移動してみると、発電放流がなく流れが全くなく、あきらめて帰ることにしました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-06-02 22:28 | フライフィッシング | Comments(1)