多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:フライフィッシング( 118 )

梅雨の前に

 先週土日は、仕事と用事で練習すらできずウズウズしていたので、飛騨川水系に行くことにしました。天気図では、梅雨前線が本州付近まで迫り、釣りには最適な状況となることと期待が高まるのでした。
d0247247_22325451.jpg

 現場に着くとハッチもチラホラあり、きっといい時間帯に出くわと信じながら釣りはじめるのですが、反応がありません。晴れていた空が曇りだし、風が吹き始めるとハッチもなくなり、稚魚の反応しかありません。雑な流し方のせいなのかと反省しながら、細かくポイントを狙うものの、稚魚が多く良いサイズの魚に出会えません。たまに、出たかと思えば合わせそこねいい所がありません。さらにウォータプルーフのフライボックスを水没させ水浸しにするアクシデント。人生で初めての経験をするのでした。
 昼食を取り、お昼寝で体力気力を回復させ、少し移動するのですが不思議に釣り人を見ません。
 おかげで好きなポイントには入れるのですが、相変わらず稚魚の反応だけです。それでもがんばっていると、いい感じのイワナポイントを見つけ、フライを投げ入れるとようやく顔出してくれましたが、体長制限を少し上回った程度。
d0247247_22331037.jpg

 この1匹が本日の最初で最後となってしましました。トホホホ・・・
d0247247_22331914.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-06-04 22:31 | フライフィッシング | Comments(0)

再び飛騨の山あいに

 鮎が解禁になる前に最後のチャンスだと思い、飛騨の山間の川に行くことにしました。
d0247247_2321550.jpg

 川に入り、直ぐに反応があったのですがバレいやな予感を感じながらつり上がると、暑さも手伝い集中力がなくなってきた頃、イワナが出そうな巻きのポイントにフライを投げ入れると、数回渦に巻かれ、いいサイズのイワナが出たのはいいのですが、直ぐにバレてしました。フライをチェックするとフライにティッペットがグルグル巻きなって、しっかりフッキングできないことが分かりました。トホホホ・・・
 気を取り直し次のポイントを狙うと。尺イワナをキャッチ。
d0247247_23211631.jpg

 上機嫌となり、直ぐに泣き尺のレインボーをキャッチ。写真を撮ろうと態勢整えているとスルリと手から離れてしまいました。
 その後、キャッチとバラシを繰り返しつり上がっていくと、風がではじめ、ハッチが少なくなると、反応が悪くなってきました。
d0247247_23214050.jpg

 車まで戻ろうと、移動すると、スートンフライが風で水面に落ち、それにライズしているのを見つけ、ようやくキャッチ。
d0247247_23214933.jpg

 車に戻り、昼寝をして英気を養うもののそれからはいいとこ無しで帰路につきました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-05-22 23:20 | フライフィッシング | Comments(0)

悪天候を縫って

 ゴールデンウィークは、靴戸棚を完成させようと考えていましたが、1日ぐらいは釣りに行きたいと思いましたが、この春は週の半ばになると週末に影響する雨が降って何処に行こうかと考えを巡らせていました。
 当てにならないピンポイント天気予報を見て、雨の影響があまりなさそうさな高原水系に行くことにしました。
d0247247_21273019.jpg

 現地に着くと、風は強いものの、川の状態も良く、曇りでハッチもチラホラあり釣果が期待できるでした。
d0247247_21274548.jpg

 すると、すぐに20cm程のヤマメ釣れ、まずは証拠写真を撮り、機嫌を良くして釣りを再開すると、下流側から吹く風の影響で、ドラグフリーで流す時間が短くなり、魚がフライをくわえる直前で見切らたり、掛かりが浅くばれたりしてしまいます。
 そんなことを繰り返し、ハッチが増えライズも時より見つけながら、釣り上がると尺物のレインボーをキャッチ。
d0247247_21275848.jpg

 さらに釣り上がり、お昼近くになると晴れ上がり、今まであった魚の反応がパタリとなくなったので昼食を取り、車に戻ることにしました。
d0247247_21282083.jpg

 戻る途中、再び曇ってきたので、午前中に釣り損ねたポイントを、攻めると32cmのレインボーの引きを楽しむことができました。
d0247247_21283020.jpg

 ハッチもなくなり、魚の反応も無くなったので、イブニングに備え昼寝をすることにしました。
 ちょうどいい時間に目が覚めたのですが、気温はぐんと下がり、風はかなり強くなっています。川に入って釣りをするのですが、釣れる気がしません。
 時計を見ると「かをる」に間に合いそうな時間だったので上がることにしました。
 いつも満席な「かをる」に誰もおらず、ゆっくりカルビ定食+とっちゃんをおいしくいただきました。
 それにしても、どこに行ってもいつものような人でを見ず不思議な1日でした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-05-07 21:25 | フライフィッシング | Comments(0)
 Ci-Chubuとしてひょんなことから美濃アウトドアフェスティバルに、体験したいチャレンジコースとフライキャスティングの上達を目的としたステップアップコースの二つのコースを出店することになり、チャレンジコースのスタッフとして参加しました。
d0247247_21504527.jpg

 チャレンジコースは、フライタイイングとキャスティングをセットにカップル、家族で午前12名午後11名体験体験していただきました。
 フライタイイングはことのほか好評で賑やかに、そして真剣に取り組んでいて、フライが完成すると釣ってみたいの声が出るなど満足頂けたようでした。
d0247247_2151148.jpg

 キャスティングは釣り自体も初めての方、お子さんが多く、つい専門用語使ってしまい、簡単で解り安い言葉でどう話をして良いのやらででしたが、キャスティングの楽しさ難しさは理解して頂いたようでした。
d0247247_21511142.jpg

 いずれにせよ初めてのことで午前午後それぞれ2時間のコースはあっという間に終わってしまいました。これを切っ掛けにフライフィッシング人口が増えると良いなと思うのでありました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-05-03 21:49 | フライフィッシング | Comments(0)

コンビニ釣り場

 来週、再来週と用事があり釣りに行く余裕がないので、昨日のドライブの疲れがあること、1時間程度でいける場所であること、木曜に降った雨のタイミングも良いことで、愛知県内の川に釣り行くことにしました。
d0247247_2149186.jpg

 ただでさえゆっくりした出発だったのに、財布を忘れ、取りに戻はめに、準備し、川に立ち、フライを結んで釣りをしようとすると、さっきまで澄んでいた川が濁りだすアクシデント見舞われました。
 上流で工事をしているわけでもなし、上流で大雨が降るわけでもなく、不思議に思って少し上流に移動すると何ともなっていません。
 改めて釣り上がり、ハッチはそこそこしているのですが、反応はありません。入漁券を買ったところで、支流は2年前に稚魚放流しただけと聞いていただけに仕方ないかと思っているとハッチが増え、ようやくまずまずのイワナが顔を出してくれました。
d0247247_21515780.jpg

 この後、木が覆いかぶっさたポイントにダウンクロスで流すと尺は軽くオーバーするイワナが出たのですがドラグが掛かった瞬間だったためフッキングできず、がっくり肩を落とすのでした。
d0247247_21495296.jpg

 その後、いくつかは出たのですがキャッチできず、釣り上がろうとした流程を終えたので、昨日の疲れもあり早めに切り上げることにしました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-04-10 22:48 | フライフィッシング | Comments(0)

春なのに

 好天が続き、気温も随分上昇してきたようなので高原川水系に行くことにしました。
 ひるがのSAでは、フリース1枚では、肌寒さを感じたのですが、現場に着いた頃は、とても暖かくフリースを脱ぐほどでした。しかし、水温はまだ低く、ハッチはありません。
d0247247_22511998.jpg

 そのうち、時合いも来るだろうと釣り上がっていくと、ハッチがチラホラ出てきたもののライズは見当たらず、ひたすら釣り上がっていくと、お昼近くに、ようやくイワナが顔を出してくれました。
d0247247_22514229.jpg

 ハッチも増えてきましたが、ライズは無かったのですが、すぐにヤマメも顔を出してくれました。
d0247247_22515617.jpg
ようやく魚が上を向き出したようなので期待しながら釣り上がるのですが反応がありません。離れたところに先行者を見つけ、どうしようかと考えながら釣り上がり、フライを乾かそうとドライアップを出そうとポケットに手をやると、「無い。」何処かで落としたようです。
d0247247_22521187.jpg

 車に予備があるので車に戻るまではドライシェイクスプレーでしのごうとしますが、今ひとつ。反応もないので、遅い昼食を取り、再び開始すると餌師が釣り下ってきたので車に戻ることにしました。
d0247247_22522281.jpg

 移動しながら川を覗くのですが、色々な所に人が入っているようすなので、キャッチアンドリリース区間に行ってみることにしました。
 下流から吹く強い風に翻弄され、わずかなドラッグが掛かり、見切られるばかり。
 落胆し、車に戻ると、見覚えのある車があり、話を聞くと「厳しい」の一言。さらに他のフライマンが戻ってきて「厳しい」の一言。
 今日は、全般に厳しい一日だったようです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-04-02 23:49 | フライフィッシング | Comments(0)
 先週は風邪を引き、釣りの出来る状態ではなかったので蒲田の解禁以来の釣行となります。
 今年になって、本流釣りをやっていないので、何処の本流に行こうか迷っていると、イワナが釣れているとの情報を得たので、久しぶりにその川に行ってみることにしました。
 車から降りると、予想以上に寒く、厳しい状況が予想されましたが、入漁券売り場のおじさんは「昨日、でかいニジマスが上がっているよ」という情報と、川の状態が良さげな感じでしたので期待に胸を膨らませて川に立つのでした。
d0247247_22504560.jpg

 しかし、底を取り根掛かりと戦いながら釣るのですが、一向に当たりがありません。
 ポイントも変えるのですが、魚の気配すら感じません。
 お昼過ぎに、昼食中の地元のルアーマンに「昨日はいいのを掛けたけど、今日は・・・」。「遠くから来たのでどうぞ釣ってください」と言う言葉に甘えて、釣りを始めると、ハッチが始まり、期待が高まりましたが、当たりすらありません。
d0247247_22505488.jpg

 再びポイントを変えたのですが、ここでも当たりすらありません。
 ついに精根尽き果て、帰るのでした。
 長いこと釣りをして「昨日は良かった」よく聞きますが、その昨日に当たってみたいものですね~。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-03-13 22:49 | フライフィッシング | Comments(0)

2016蒲田解禁ツアー

 いまだ、魚を手にしておらず、毎年楽しみにしている蒲田解禁ツアーで良い思いをしたいと勇んで出掛け、私たち一泊組はいつもの待ち合わせ場所に集合し出発。
 郡上を過ぎた当たりから道路に積雪がありましたが愛車BPEは安全に目的地に連れてってくれます。
 定宿「宝山荘」に集合し、コーヒーをいただきながら入渓場所を決め、支度を整え出発。
 私たちは、通称「○○」に入り釣り上がります。解禁当日とはいえ、平日とあって人は少なめでマイペ-スで釣り上がることが出来ました。
d0247247_22122879.jpg

 一緒に入渓した■戸さんが釣りはじめすぐに釣り上げたので私もと思ったのですが、少し時間が掛かりながら、少し小振りのヤマメが釣れ、ハッチ、ライズほとんど確認出来ない中、集中が途切れない程度で再び20cmほどのヤマメが釣れた所で、この後釣れないかもしれないので写真撮影。
d0247247_22124359.jpg
 
 しばらくすると良型のイワナが釣れたので写真撮影しようとカメラを出している隙にネットから逃走。
d0247247_2213169.jpg

 そんなこんなでお腹も空いたので、寒いこの時期はやはり暖かいものをいただき、体を温め再び釣りに。
 その後は、集中が切れない程度に魚に遊んで貰ったのですが、長いこと釣りをしていて始めての大転倒。頭から突っ込み、「ヤバイ、ロッドが折れ、救急車ものか」と覚悟したのですが、打撲、擦り傷と偏光グラスが歪んだ程度で済んだのは幸いでした。
 夜は、熊鍋を突きながら仲間と談笑。
d0247247_22131874.jpg
d0247247_22132821.jpg

 夕食後、カルパッチョの差し入れをいただきながら談笑。
d0247247_22134059.jpg
d0247247_22143468.jpg

 2日目は、■田川さんが良い釣果をあげたところに入ることにして、2日目もハッチ、ライズが確認出来ない中、釣り上がり、集中が途切れない程度釣りが出来、2日目に一番のイワナを写真に納めることが出来ました。
d0247247_22141078.jpg
d0247247_22145272.jpg

 明日は仕事のため少し早めに上がり、温泉で体を温め帰るのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-03-02 23:10 | フライフィッシング | Comments(0)

遠い獲物

 長良川と寒狭川は、解禁したものの厳しい状況が続いているようで、解禁日に近いことと、天気予報では、寒狭川は風が穏やかなので寒狭川に行くことにしました。
 解禁から初めての祝日で人でを気にしましたが、チラホラと少なく入りたいポイントに入ることが出来ました。
d0247247_21204698.jpg

 立ち込むこと1時間半、ようやく少しハッチが始まり、わずかですがライズも始まりました。何投かするとフライに出てテンションが掛かったのですが、しっかりとフッキングできずバレてしまいました。それからいい所はなく、水温3度でのウェーディングに耐えられず、暖かい昼食をいただくことにしました。
 昼食の支度をしているところに、■木さんが「何処もライズがなくここに来た」とのこと。
d0247247_21205982.jpg

 ゆっくり昼食を済ませ、再びウェーディング。日陰にポイントが覆われてしばらくするとごくわずかですが、私の正面もしくはやや上流でライズ。フライ先行、ティッペットを沈めることが出来ず、まもなくライズもなくなり、あえなく終了。
 またしても魚の顔を拝むことが出来ませんでした。トホホホ・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-02-11 21:19 | フライフィッシング | Comments(0)

2016長良川解禁

 一昨日の雨、水位を上げ水温下げ、昨年と同様の状況となってしまいました。そして、月曜とあって川には人はまばら。
d0247247_22445756.jpg
d0247247_2245938.jpg

 少し気温が上がるまでたき火をしコーヒーをいただきながら時合いを待つことに。
 数人は、少ないチャンスを物にしようと川に立つのですが一向にライズはないようです。
 また、何人かは、ライズを探しに移動したり、電話で情報を確認したりしていましたが今一芳しくないようです。
d0247247_22452772.jpg
d0247247_22453926.jpg

 鍋当番なので、お昼の準備をしながら、皆さんの反応を見て釣りをしようとしているうちにお昼を迎えてしまいました。鍋を食べながらも川を見るのですが何事もありません。
d0247247_22455090.jpg
 ルアーマンが極たまに、釣り上げているので、何人かは沈めて狙っていましたが全く反応なし。
 夕方に期待し、待つのですがハッチすらありません。このままでは竿を一振りもしないままで終わってしまうので、沈めて狙って見るのですが、私の解禁は終わってしまいました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-02-01 22:41 | フライフィッシング | Comments(0)