多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:フライフィッシング( 112 )

浜名湖へ

今年の浜名湖には、新兵器を投入することが出来ました。SAGE/TCX7126-4、SAGE/3810CFとRIO/Outbound short WF10Fです。
このタックルは、watchett2さん、prawnpopper使用の超お勧めのタックルです。しかし、私にはジンクスがあり、おろし立てロッドは釣れないというジンクスですが、すでに犀川で経験済みなのでその心配もありません。
d0247247_2393174.jpg

ということでprawnpopperさんと一緒に出陣したのでした。
d0247247_23182312.jpg

魚気は感じるものの反応は今ひとつ、やる気がなくなる頃に、反応があるもののポッパーへの追いも食いも全然。
しかし、藻場ではたくさんの蟹がスイスイ泳ぎ回りので、フィッシャーにはあるまじき行為の網でゲット。
遊びもいい加減にして、再度釣りをはじめるものの、今ひとつ、10時頃まで無風だったため、暑さでヘロヘロなため少し早めのお昼寝タイムとしました。
クーラーボックスに冷やしたビール(ノンアルコールですが結構いけます。)飲んで昼をし体力を回復。
d0247247_23472961.jpg

再びやる気を出して、ついにキビレをゲットできました。
d0247247_23474313.jpg
d0247247_23475249.jpg

prawnpopperさんの浜名湖のポイントの攻め方といい、釣るためのテックニックといい本当にすばらしいく、それに至る観察力、洞察力も本当にすばらしいと感じました。
改めてご指導ありがとうございました。
釣りも終わりフィッシング沖の大将にいろいろ聞いたみると「今年は、少し遅い。ようやく始まり出した感じ」とのこと。
柳の下のドジョウをまた狙いたい思います。
今日は早めに寝てなでしこジャパンを応援したいと思います。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-07-17 23:54 | フライフィッシング | Comments(2)

大雨の後は

土曜日に浜名湖へクロダイをねらおうと思っていたところ、木曜の大雨で週末は良くないとの情報を聞きつけ、御岳山麓の川に行くことにしました。
 大岩で構成され、ほとんど人工物が見えない渓相が好きで、毎年必ず行くこの川は、魚の放流はほとんど無く魚影は濃いとは言えませんが釣れる魚はとてもきれいで気に入っている川です。
d0247247_22504670.jpg
 林道を自転車で上がる途中、小熊に出くわし(生まれて初めて)、少々ビビリながら入渓しました。予想通り水位はやや高めでしたが釣りには、問題?はありませんでした。
 入渓すぐに、良い型のイワナに出くわし、これまたすぐにアマゴが釣れ、今日はいつになく調子がいいと思っていたところ。しばらくすると水量が多いのか?下手なのか?ドラッグが掛かり合わせがうまくいかず、日が高くなってきた頃には、フライを見に来るもののそっれきり、その中には結構な型の魚も。
d0247247_2250297.jpg

 大岩を乗り越えたり巻いたり、いつも渡れるところもやや水位が高いため一旦戻っては釣り上がるため、お昼前には、すでにヘトヘト、いつもの釣り終える地点まで、まだまだ先で、集中力は何処へやら、そんなとき、大物が目の前を小魚を猛スピードで追い回しているところを目撃。やる気も復活。
 ところがフライを見に来るだけで、今日の所は勘弁してやり帰ることにました。トホホ・・・
d0247247_2250753.jpg

 そういえば、朝見た熊は・・・出会わないよう自転車のベルをチンチン鳴らしながら走っているとベルのレバーが「バキッ!」またまたビビリながら車へ到着。
 何はともあれ無事釣りを楽しむことが出来ました。
 次の日、ワチェット遊びに行くと、浜名湖でクロダイを釣った情報が次々に飛び込んでくるところで、次回は浜名湖のクロダイと思いを馳せるのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-07-12 23:02 | フライフィッシング | Comments(0)