多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:フライフィッシング( 115 )

昨日はよかった!?

 「浜名湖も終わった」と思い込み土曜日にワチェットへ遊びに行っていると■部さんからまたしても浜名湖サイトで爆釣との情報をつかみ、浜名湖へ行くことにしました。私と同じようにprawnpopperさんもブロクでつぶやいていたのでこの情報を早速prawnpopperさんに連絡し、一緒に行くことにしました。
d0247247_23381086.jpg

 「フィッシング沖」に到着すると東の空がいやな雲が広がっていました。まもなくすると上げ止まりとなるため、まず、大瀬をポッパーで攻めるも何の反応もない。すると雨が降りはじめ、一時避難することに。
d0247247_23384022.jpg

ポイントを変えてみるもチェイスすらない。そんな中、移動の途中でtealyuzoさんがガイドをしているの発見、焦りを感じながら爆釣ポイント?へ。
d0247247_23395396.jpg

 到着する頃、青空を取り戻し、少し濁りがあるもののprawnpopperさんと二手に分かれ、いよいよサイトフィッシングを開始。
 時折、小さなボイル、テイリングと一度だけ姿を確認したのみでみるみる曇り空となってしまいました。そんなとき、がっかりしていると離れたところでガイドをしているtealyuzoさんがかなり遠くを指さしている姿を見て「さすがtealyuzoさん」と感心するばかりでした。
 気を取り直して、ひたすら水面を見つめていると、小さなボイルを発見!ブラインドでキャスティングすると小さいながらもクロダイをゲット。
d0247247_23405184.jpg

ボイルは続くのでひたすらキャスティング。当たりがあるものフッキングならず。トホホホ・・・
 釣ったのは■部さんから頂いたフライ。フッキングしなかったフライはにわか仕込みの自分のフライ。同じように当たったはずなのに。トホホホ・・・
 風も強く、濁りも強くなってきたことと。事情あって、少し早帰り切り上げることにしました。
「昨日はよかった」ほんとによく聞く言葉ですね・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-09-11 23:48 | フライフィッシング | Comments(0)

何かを持つ男

 8月に入り飲み会が重なり小遣いを使い果たしてしまし給料日を迎え、久々の釣行となりました。25日に降った雨が気になったものの発生した台風11・12号も気になり良好の状況とは言えない中、prawnpopperさんと■部さんと3名でいきました。
d0247247_22512459.jpg

 前日の天気予報は外れ、なかなかの良い天気となり、まずは大瀬から攻めようと行ってみると、結構な数のルアー船がすでに出港していて、中にはロッドを曲げている船がいました。早速、初めて見ると小さなシーバスがでるのみ、次のポイントへと場所を変えようと水位も高いのでそのまま東進したもののあえなく座礁。トホホホ・・・
 プッシュポールで脱出と思ったら「プッシュポールがない」すると優しい■部さんに押してもらい見事脱出。■部さんm(_ _)mありがとう。
 てなこともありまして次のポイントに行ったものの反応無し、■■へと場所を変えると茶色に濁ってはないものの濁りはきつめでやはり反応無し、prawnpopperさんに電話してみたら「鷲津に来たが最悪」とのこと。サイトねらいで弁天に行くも濁りで少し無理っぽいので途方に暮れていると■部さん「座礁したところで結構クロダイの陰があったので言ってみよう」とのことで早速行ってみると、すでに別のフライフィッシャーが釣っていので少し離れたところで釣ることにしました。
 サイトフィッシングの経験のない私は■部さんのレクチャーを受け離れて観察しているとなにやら魚の気配、キャスティングすると結構なサイズの魚をフッキングちょっぴりリールファイトを楽しむと結構なサイズのボラとわかりネットを取りに魚を引いていくとバレてしまいました。トホホホ・・・
 気を取り直して「さぁ」と思っていると「キター」という声、■部さんのロッドが大きくしなっているので慌ててランディングネットを持って行くと40cmオーバーのクロダイをゲット。その後■部さんあっという間に6枚ほど釣るので「フライは?」聞く顔が「ちょうだい」と訴えていたのか「使う?」の優しいお言葉。二つ返事でいただき、使うと早速小さいながらも1匹ゲット。
d0247247_22521473.jpg

 晴れていた空もいつの間にか雨が降りそうな雲行きに、しかし、点在する藻場で広範囲で魚はテーリング中、チャンスとばかりに藻場にキャスティングするとすぐにもが引っかかる始末、そんな中■部さん釣果を伸ばす一方、そこで「潮の流れを計算して藻の切れ目に着低するようにするといい」とのアドバイスをいただき、早速実践。
d0247247_22515357.jpg

 おかげさまで合計4枚をゲット。一方■部さんは、いけすに8枚ほど入れ、私が3枚ほど釣る間に倍ぐらいゲットしていた様子でした。
d0247247_22455112.jpg

 うーん。これが何かを持つ男なのでしょう。
 しかし、本来なら、小振りなものも含め4枚も釣った訳ですから大喜びのはずが何か諸手を挙げてとはならないところが「釣れないフライフィッシャーの苦悩」なのでしょうか。
 とにかく、■部さんいろいろありがとうございました。の1日でした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-08-29 22:55 | フライフィッシング | Comments(2)
 7月最後の週は天候が不安定なため、prawnpopperさんと一緒に浜名湖に行きましたが可能性の低いポイント探るため別々船で出陣しとなりました。
 悪天候を予想していましたが、出航してまもなく土砂降り、しばらく近くの橋の下に避難したものの雨にあたったせいか、おなかの具合が悪くなり、やむなくフィッシング沖のトイレに駆け込みました。
d0247247_2236640.jpg

 雨も上がり、気を取り直してがんばっていると1回だけ反応がありましたが、潮の上げ止まりになってしまいました。フィッシング沖の大将の「チャンスは上げ止まりまで」の言葉でポイントを変えようとprawnpopperさんに連絡を取ると同じポイントへの移動を考えていたようでとりあえず合流しました。
 するとこともあろう事か、ルアー船がprawnpopperさんフライで狙っている当たりを無神経にもプカプカと流れていき1匹ゲットしていきました。
 ポイントを変え、ひたすらキャスティング、反応があったので誘ってみると2度ほどアタックがあったもののフッキングならず、しばらくするとフックに触った感があったもののフッキングとはなりませんでした。
 昼休みを取り、気を取り直して次のポイントへ向かうとゴロゴロと雷が鳴り始め、近くのゴルフ場からは雷注意報報のお知らせが。とりあえず近くの橋の下に避難すると何事もなかったように雲は去っていきました。
 ポイントに戻ろうとすると、エンジンがプスプスとガス欠あえなく予備のタンク(有料)を使用、トイレの往復がここに来て響くとは。トホホホ・・
 ところでprawnpopperさんは?電話をすると出ない。もしかするとファイト中?
 潮があがってきてベイトの活性が上がってきたところで、雨が強く降り始め、しばらくすると電話あり撤収するとのことなので、もう少しがんばりましたが、あえなく撃沈となりました。

次の日、ワチェットへ行くとtealyuzoさんから「今日サイトで4枚あげた」とのこと。
1日違うだけで・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-08-01 22:39 | フライフィッシング | Comments(0)

浜名湖へ

今年の浜名湖には、新兵器を投入することが出来ました。SAGE/TCX7126-4、SAGE/3810CFとRIO/Outbound short WF10Fです。
このタックルは、watchett2さん、prawnpopper使用の超お勧めのタックルです。しかし、私にはジンクスがあり、おろし立てロッドは釣れないというジンクスですが、すでに犀川で経験済みなのでその心配もありません。
d0247247_2393174.jpg

ということでprawnpopperさんと一緒に出陣したのでした。
d0247247_23182312.jpg

魚気は感じるものの反応は今ひとつ、やる気がなくなる頃に、反応があるもののポッパーへの追いも食いも全然。
しかし、藻場ではたくさんの蟹がスイスイ泳ぎ回りので、フィッシャーにはあるまじき行為の網でゲット。
遊びもいい加減にして、再度釣りをはじめるものの、今ひとつ、10時頃まで無風だったため、暑さでヘロヘロなため少し早めのお昼寝タイムとしました。
クーラーボックスに冷やしたビール(ノンアルコールですが結構いけます。)飲んで昼をし体力を回復。
d0247247_23472961.jpg

再びやる気を出して、ついにキビレをゲットできました。
d0247247_23474313.jpg
d0247247_23475249.jpg

prawnpopperさんの浜名湖のポイントの攻め方といい、釣るためのテックニックといい本当にすばらしいく、それに至る観察力、洞察力も本当にすばらしいと感じました。
改めてご指導ありがとうございました。
釣りも終わりフィッシング沖の大将にいろいろ聞いたみると「今年は、少し遅い。ようやく始まり出した感じ」とのこと。
柳の下のドジョウをまた狙いたい思います。
今日は早めに寝てなでしこジャパンを応援したいと思います。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-07-17 23:54 | フライフィッシング | Comments(2)

大雨の後は

土曜日に浜名湖へクロダイをねらおうと思っていたところ、木曜の大雨で週末は良くないとの情報を聞きつけ、御岳山麓の川に行くことにしました。
 大岩で構成され、ほとんど人工物が見えない渓相が好きで、毎年必ず行くこの川は、魚の放流はほとんど無く魚影は濃いとは言えませんが釣れる魚はとてもきれいで気に入っている川です。
d0247247_22504670.jpg
 林道を自転車で上がる途中、小熊に出くわし(生まれて初めて)、少々ビビリながら入渓しました。予想通り水位はやや高めでしたが釣りには、問題?はありませんでした。
 入渓すぐに、良い型のイワナに出くわし、これまたすぐにアマゴが釣れ、今日はいつになく調子がいいと思っていたところ。しばらくすると水量が多いのか?下手なのか?ドラッグが掛かり合わせがうまくいかず、日が高くなってきた頃には、フライを見に来るもののそっれきり、その中には結構な型の魚も。
d0247247_2250297.jpg

 大岩を乗り越えたり巻いたり、いつも渡れるところもやや水位が高いため一旦戻っては釣り上がるため、お昼前には、すでにヘトヘト、いつもの釣り終える地点まで、まだまだ先で、集中力は何処へやら、そんなとき、大物が目の前を小魚を猛スピードで追い回しているところを目撃。やる気も復活。
 ところがフライを見に来るだけで、今日の所は勘弁してやり帰ることにました。トホホ・・・
d0247247_2250753.jpg

 そういえば、朝見た熊は・・・出会わないよう自転車のベルをチンチン鳴らしながら走っているとベルのレバーが「バキッ!」またまたビビリながら車へ到着。
 何はともあれ無事釣りを楽しむことが出来ました。
 次の日、ワチェット遊びに行くと、浜名湖でクロダイを釣った情報が次々に飛び込んでくるところで、次回は浜名湖のクロダイと思いを馳せるのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2011-07-12 23:02 | フライフィッシング | Comments(0)