多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:フライフィッシング( 117 )

浜名湖で黒鯛の引きを

 台風5号は迷走し週末はどうなるかわからない中、前日に最終判断することに決めていて、天気は、曇り、4~5mの風が一日中吹く予報でしたが行くことにしました。
d0247247_21274728.jpg
 タフなコンディションを覚悟して瀬に立ちましたが、2~3m程度の風で問題のないスタート。しばらくすると予報にない雨が降り始めナーバスウォーターすら確認しにくくなり、ブラインド状態で釣りをしていると、すぐに雨は止み、おまけに日が差し、黒鯛の姿が確認でき、キャスティングするのですがチャンスをものにできませんでした。
d0247247_21274608.jpg
 前回の釣行で良かった瀬に移動することにし、ピンポイントで魚が確認できたところを通るように、東風を背にしながらキャスティングし瀬を北に移動し、北の端を西に移動することにしました。
 相変わらず曇り空のままでしたが、期待していたポイントでテイリングを発見。久しぶりに黒鯛の引きを楽しみながらキャッチすることができました。その後、小振りの魚をキャッチし、潮の下げ止まりまで釣るのですが、ボラが増え、いいとこなし。
d0247247_21274609.jpg
 潮の上がりが早く感じながら、皆さんしっかり魚を手にして船に集まるり、その後、他の瀬を回るのですが晴れたり曇ったり、風が強くなったり弱くなったり、夕方にはべた凪になるなど気象変化が激しく、魚気を感じるもののキャッチできず、タフなコンディションを予想していたことが嘘のような状況でした。
d0247247_21274600.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-08-06 21:24 | フライフィッシング | Comments(0)

魚は見えるものの・・・

 今年は、じめじめした梅雨とはならず、局所で豪雨となり各地で被害が出ている中、関東では水不足と梅雨らしくない梅雨となっていますが、「梅雨らしい」が死語になりつつある今日この頃ような気がします。
 平年より早めに梅雨が明け、浜名湖黒鯛への期待も大きくなる中、3人で出航です。
 ここ数年の浜名湖黒鯛の人気も高まり、時合いをを読んで移動すると入れないことも多いことから、メインの瀬を決め、潮の状況によって少し移動するようにしています。この日、出発時は満潮ということもあってある程度の時間だけ浅い瀬を釣ってメインの瀬に行くことにしました。
d0247247_21023707.jpg
 朝一に入った瀬は魚はいるものの、反応はありません。いいとこもなくメインの瀬に移動したのですが、こちらは魚気がありません。瀬を端から端までほぼ往復し衰えた体の疲れを癒やすため昼寝をしていると■住さんが45cmの黒鯛を抱え、「写真撮って」とやって来ました。
 飛び起きて様子をうかがうと■部さんはキャスティング中、急いで近づいていくと、黒鯛の黒い影が天気のおかげであちらこちらに見えます。中には60cmぐらいの影もいます。
d0247247_21023664.jpg
 風と潮の流れが反対でうまくフライ先行で流せず反応してくれません。潮が止まると黒鯛の影も消え、夕方までがんばるのですが時折見えるテイリングもキャッチでぎず今日も終わってしまいました。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-07-22 21:01 | フライフィッシング | Comments(0)

晴天の浜名湖

 九州豪雨は大変な被害をもたらし、私の職場からも応援に出掛けることになっています。被害に遭われ方に心からお見舞い申し上げます。

 中部地方は、梅雨前線が下がり好天となっています。浜名湖でも釣果が上がっているようなので、今年初の浜名湖となります。
 現場は、晴れ上がり雲一つありません。海水も澄み良い条件です。
d0247247_21453646.jpg
 支度をして瀬に入ると水温は低く、ウェーダーを履いていても低さが伝わってきます。ナーバスウォーターを見つけ狙いますが反応ありません。一時間ほどで魚気がなくなり移動しようとすると渡船で3人が渡ってきました。この瀬にも渡船があるのか思いながら、次の瀬に移動すると、パドルボードで遊んでいる人が釣りをしている様子がなかったので近寄って行くと、ロッドをしっかり持っているのが見えたので、再び移動。
d0247247_21453643.jpg
 日も高くなり、黒い影が時々見えるのですが反応はありません。干潮に近づくと魚気もなくなり、体の衰えをひしひしと感じるこの頃、お昼寝をして体力と魚気の回復を待つことにしました。
 干潮を迎えましたが思った以上に潮は引いていません。時々黒い影とテイリングを発見するのですが集中力とコントロールに精彩を欠き、あえなく終了となりました。
 フィッシング沖に帰ると看板娘○○ちゃんのおいしい手作りケーキを頂き、へこんだ気持ちも少し膨らみ帰宅するのでした。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-07-08 21:44 | フライフィッシング | Comments(0)

梅雨の合間に

 梅雨でありながら大陸の高気圧が梅雨前線を下げ、五月のような陽気です。
d0247247_23162349.jpg
 明日、仕事があるので、入渓に楽な川へ向かいました。誰とも会うことなく入渓するとハッチもあり、期待しながら釣り始めると直ぐに小さいながらもアマゴが顔を出してくれました。
d0247247_23163758.jpg
 それから、しっかりドラッグフリ-で流せていないようで、バラしたり見切られたりで、ハッチもなくなり、いいところがないままお昼近くになってしまいました。
d0247247_23165033.jpg
 課題でもあるチェコニンフに切り替えるのですが、コントロールが定まらずポイントに投げ入れることが出来ずうまくいきません。
 風が強くなりチェコニンフではコントロールが厳しいので、ドライフライに切り替え体長制限に満たないかわいいイワナに遊んでもらって、明日の仕事のために少し早く帰ることにしました。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-06-17 23:15 | フライフィッシング | Comments(0)

挑戦のチェコニンフ

 ゴールデンウィークに釣りに行って以来、天候、体調不良、仕事でさらに昨日の土曜日も仕事で釣りに行けず、ようやく行くことが出来ました。
d0247247_22575400.jpg
 前回の釣行が雨でドライフライでは厳しく不慣れなニンフを使ってようやく釣ることが出来たこと、チェコニンフに興味が湧いたことから、今年は、シーズンが遅れているようなので、本流つり上がりに最後のチャンスとばかりに出かけました。
 週中は真夏のように暑かったのが嘘のように、肌寒く不安の中、川に向かいまずはドライフライから釣り始めると直ぐに反応。久しぶりのため合わせ損ねの繰り返し。
d0247247_22583982.jpg
 なんとかつり上げ、いよいよチェコニンフに切り替え。思った以上に投げられずコントロール出来ません。四苦八苦しながらようやく釣ることが出来ました。
d0247247_22585017.jpg
 その後、ハッチ、ライズもなく、チェコニンフを続けるのですが風が強くさらに思った以上に投げられず、不必要にロッドを振り回し、疲れるばかり。時々冷静になってSLPを意識して投げると良くなりますが、再び不必要に振り回す繰り返しです。まだまだ、課題が多いですが、なんとかものにしたいものです。

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-06-04 22:56 | フライフィッシング | Comments(0)

本流つり上がり

この時期になると行きたいポイントがあり、■部さんを誘って行くことにしましたが、気になるのは天気。ゴールデンウィーク中良い天気でしたがこの日だけ雨マーク。それでも午前は曇り午後から雨の予報だったので、期待して出発したのですが、岐阜を越えたところで雨が降り始めてきました。
d0247247_22595226.jpg

 現場についても雨は止まず本降りです。水位がやや高い状態で時々雨が止むとハッチもあったのでドライフライで釣り始めますが反応ありません。気温が下がり寒く、なれないニンフに切り替え何とか1匹は手にしたものの続きません。
d0247247_2302991.jpg

 一方、■部さんは小気味よく釣っている様子。昼を過ぎた頃に雨が一時的に止みハッチもちらほらと現れ、マーカーに使用しているエルクヘアカディスに反応する魚がいたので再びドライに変えるのですが、すぐに雨が降り出し再びニンフに切り替えると、放流のお知らせ。
d0247247_2305371.jpg

 季節がかなり遅い状態で道路際や山に雪が残り、たいした雨でもないのに増水したようです。
d0247247_23154596.jpg

 場所を移動して川の様子を見て途方に暮れていると放流のサイレン。川が濁りだし完全におしまい。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-05-06 22:58 | フライフィッシング | Comments(0)
 昨年に続き今年も参加です。今年の内容もチャレンジコースとステップアップコースを設定し、ステップアップは、マスターのお任せし、私たちCIはチャレンジコースの担当です。
d0247247_22435626.jpg


d0247247_22441935.jpg

 チャレンジコースは、キャスティングとタイイングの体験コース、午前は9名、午後は5名の参加でそれぞれ皆さん楽しんでいただけたようでした。
d0247247_22444781.jpg


d0247247_22452413.jpg

 これまでキャスティングはCIになってからデモをしたり指導したりしていてきましたが、人前で初めてタイイングデモをするのは少し緊張してしまいました。さらにタイイングを指導するとき老眼でピントが合う範囲狭く苦労しました。
d0247247_22455029.jpg


d0247247_22461019.jpg

 午後に突風と激しい雨に見舞われるハニングがありましたが無事終わることが出来ました。
 欲を言えばキャスティング、タイイングを体験できれば是非フィッシングを体験できるとよりフライフィッシングの楽しさが深まると思うのですが、場所の制約はなんともなりません。それでも皆さん、それぞれ楽しんでいただけたようで何よりでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-04-29 22:42 | フライフィッシング | Comments(0)
 4月22、23日と岡崎市乙川の河川公園で行われたキャスティングフェスティバルにキャスティング無料レッスンのインストラクターとして23日(日)参加してきました。
d0247247_2118040.jpg

 気温はそれほど高くなかったのですが、日差しが強く春の穏やかな感じはありませんでした。
 イベントのメインが大会なので、レッスンを受ける人はそれほど多くありませんでしたが、子供、女性、初心者、ベテランと様々な人がやってきました。
d0247247_21183383.jpg

 指導するに当たって、一番難しく思うのは子供さんです。短く軽いロッドいえども小さなお子さんには、負担がかかります。また、言葉は、さらに分かりやすくと考え使っても理解できないこともあります。しかし、このことがよりシンプルに考える機会になり、スキルアップにも繋がることが実感できました。
 皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-04-23 21:16 | フライフィッシング | Comments(0)

魚はいずこ

 解禁以降まともな雨がなく期待していたところでありましたが。4月は行事予定が多く、この週末しか釣りに行ける日がないのにもかかわらず金曜日に結構な雨が降ってしましました。
d0247247_21413733.jpg

 土曜は曇りで、水位計の情報から厳しいとは思うがチャンスはあるということでHさんに無理矢理同行してもらい釣行することにしました。
 現場に着くと釣りになる状況。過去にこういう状況で良い結果を出しているとのことなので、支度をして釣り始めると多くのハッチに遭遇。ますますいい状況だそうです。
d0247247_21414994.jpg

 しかし、ひたすら投げ続けるのですが、当たりもなく、数カ所を移動。一日曇りのはずが結構降り再び増水する始末。
 またもや魚に出会うことはありませんでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-04-08 21:40 | フライフィッシング | Comments(0)

蒲田で返り討ち

 解禁では病み上がりのため?今ひとつ釣果が振るわなかったのでリベンジとばかり出掛けました。
d0247247_21254193.jpg

 以外にも人は少なく、解禁直後魚の反応が良かった所に入りましたが、晴天の上、水は少なく厳しい状況は変わらず、ハッチはあるものの小一時間反応がありません。少し早いかと思いながら下流のポイントが気になり移動し入渓。案の定、誰もいない中、釣り上がり始め、辺りを見回すとハッチがチラホラ、お昼に気温が上がりハッチが増えライズも望めるかと釣り上がると、最近のトレンドか餌師が釣り下って来るのを発見。
 時折そこそこのサイズの魚を釣り上げているのを見てしまいました。このまま釣り上がろうかと考えていると、曇りだしハッチも無くなってしまったのでキャッチアンドリリース区間に移動することにしました。
d0247247_21255678.jpg

 入渓して、すぐにライズを見つけ、しめしめと思いキャスト。またもや掛け損ね。その後小さい魚のアタックが続き釣り上がるところにイワナのいいポイントを発見。キャストすると今度はちゃんとフッキング。最初は大したことないかと思っているとウカウカしてられない引きに変わり焦っているときに8Xがラインブレイク。
 チェックするとフライの結び目で切れていました。集中力が切れフライを雑に結んでしまったことが招いてしまいました。
 その後も小さい魚のアタックと掛け損ねで本日はおしまいです。
 結局、掛け損ねは最後までしっかりとドラグフリーで流せていないと言うことで反省するのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-03-19 21:26 | フライフィッシング | Comments(0)