多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

カテゴリ:行楽( 27 )

春の浜松城

 しばらく行楽とは無縁でしたので、何処かへ出かけようと考えましたが、肌寒く花の便りも聞こえてきません。Webで探すとほとんどがつぼみの状態。 その中でも咲き始めが浜松城とフラワーパークでしたのでひとまず浜松西IC向かうことにしました。
 ICを降りるとフラワーパーク方面が渋滞していたので浜松城へ向かうことにしました。駐車場に着くと少し咲き始めていたので期待していましたが、お城の周りはチラホラと残念な状況でした。
d0247247_22154966.jpg
d0247247_2216277.jpg

 城内を一通り散策し、昼は浜松餃子「浜太郎」で舌鼓を打ち満腹となりました。
d0247247_22161226.jpg

 その後は行くところも思い浮かばず、道の駅に行くのですが家内の好きな産直は売り切れの状態で残念ながら収穫がないまま帰ることになりました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-04-02 22:14 | 行楽 | Comments(0)

近江八幡と安土城跡

 連休にどこかに行きたいと思い長浜、彦根と訪れとても楽しかったので次はやはり近江八幡です。
d0247247_2223890.jpg

 まずは観光協会に立ち寄り紙ベースの情報を手に入れようと行くともうすでにレトロな建物。近江八幡のイメージは八幡堀でしたが古い町並みも保存してあり見所がたくさんあることが分かり、特に家内は八幡堀が「るうに剣心」「ごちそうさん」「朝が来た」のロケ地であること知ってテンションが上がり気味。
d0247247_22334100.jpg
d0247247_2234937.jpg

 保存された古い町並みや建物を散策しながら鑑賞し、昼食は、近江牛と行きたいところですが肉が苦手な家内と財布が許さないこともありますが、郷土料理、地元でしか味わえないものと探すと、郷土料理の喜兵衛さんで湖魚、近江牛、赤こんにゃく、丁字麩、近江米を味わえるお弁当で近江を満喫することが出来ました。
d0247247_2242254.jpg
d0247247_2251279.jpg
d0247247_225252.jpg

 昼食後は八幡堀で映画ドラマのシーンを思い出しながらの散策を楽しみ、気がつくと1万歩を超えていました。
d0247247_2255353.jpg

 少し歩き疲れたので少し車で移動する場所に行こうと安土城跡に行くことにしましたが、結構、登りがきつく戦国の城だけあって攻めるための苦労を実感するのでした。
d0247247_2261032.jpg

しかし、疲れが倍増。すこし早く帰宅するのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-10-09 22:01 | 行楽 | Comments(0)

雨の金沢

 三連休、娘二人の予定が1日揃ったので家族で出掛けることにしました。
 娘たちのリクエストは、金沢の21世紀美術館。その周辺とグルメをスマホでチェックし出発です。金沢グルメで検索するとおでん、のど黒、金沢カレー。おでん、のど黒は少し贅沢なので金沢カレーにすることにしました。
d0247247_21141749.jpg

 11時ごろに美術館に到着すると長い行列があり回避するため少し早いですが昼食にすることにしました。美術館の近くにある金澤ななほしカレーで舌鼓。早い時間にもかかわらず満員状態。女性に人気なお洒落でおいしいカレー屋さんです。
d0247247_21143241.jpg
d0247247_21151879.jpg

 美術館の長い行列の原因は、アートアクアリウムがこの地方に9月17日から展示されてるからのようです。リサーチ不足を反省しながら美術館を拝観です。
d0247247_2116094.jpg
d0247247_21161126.jpg
d0247247_21162316.jpg

娘たちのお目当てはスイミングプール。現代アート美術館ならではの展示です。もちろんアートアクアリウムも別料金で小一時間ならび見ましたがその人気ぶりはなるほどと感じ、込んでいなければもっとゆっくりと見たいと感じました。
d0247247_21164170.jpg

 4時近くになり小腹も空いたところでひがし茶屋街でおいしい物を食べよう行ったのですが、雨で涼しく、まだ夏メニューのため気が進まず、雨の中、小京都と言われるひがし茶屋街の散策を楽しんで帰路につきました。
d0247247_21165487.jpg

 日帰りと雨のため金沢市街の見所を随分とはしょって、もう少しのんびりと観光したいと感じましたが、久しぶりに家族みんなで旅行は楽しい物です。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-09-19 23:12 | 行楽 | Comments(0)

久しぶりのせともの祭

 まもなく結婚する娘が食器を探しにせともの祭に行くと聞いて、30年前同じように言ったことを懐かしみながら行ってみました。
d0247247_2144216.jpg

 娘たちは用事を済ませてから、出掛けると言うことなので私たちは先に出発。会場から少し離れた無料駐車場に止め、会場に着くと、30年前と比べ矢田川周辺町並みは整備され大きく様変わりしています。陳列も山積みだったのと対照的で、商品がよく見えるよう綺麗に並べてあります。お値打ちなものから一品ものと幅広く、デザインがよく目を引くものは、お値段がそれなりで手が出ません。それでも家内が何点か購入し会場の半分を回った頃、娘たちと合流。
d0247247_2152252.jpg

 娘が探そうとしていた食器のデザインをあらかじめ聞いて、何店かチェックしておいたところに行くと気に入ったものがあり、早速購入していました。
d0247247_2154567.jpg

 久しぶりにせともの祭に行って、普段は、格安のものばかり使ってい気付きませんでしたが良いものを見ると生活に密着した最も身近な芸術品と感じました。
d0247247_2155892.jpg

 そろそろ帰ることにし、駐車場へ向かうと娘たちの車が我が愛車のとなりへ。たまたま一つ空いてたそうで、こんな偶然があるんですね~
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-09-11 22:59 | 行楽 | Comments(0)

避暑の乗鞍

 職場では、5日間有給休暇を取って9連休にして暑い夏を乗り切ろうという、ありがたい「GOGOサマーキャンペーン」を利用してキャンプを楽しむことにしました。
 天候の安定した梅雨明けからお盆までの間に、娘を誘ったのですが、休みが折り合わず、家内と二人でキャンプとなりました。
d0247247_2346794.jpg

 南乗鞍キャンプ場は標高1,600mと避暑には最適です。さらにお気に入りの道の駅三岳に行きと帰りに弁当と夏野菜の産直と一石二鳥です。
 キャンプ場に着くと土砂降り、雨が上がるのを待ってから設営するのですが、優秀な助手がいないため、少々時間が掛かってしまいました。気がつくと晴れ渡りさっきの雨が嘘のようです。
d0247247_0194841.jpg

 夕方になると霧が立ちこめ、やや肌寒い感じで早々とBBQの準備。
d0247247_23464285.jpg

 BBQに舌鼓を打っていると満天の星空。
d0247247_2347215.jpg

 たき火を焚きながらバーボンを飲みながら長い夜を過ごしていました。
d0247247_23471710.jpg

 翌朝、釣り池でフライフィッシングを楽しんだのですが、以前に比べライズは少なく四苦八苦。
d0247247_23492489.jpg

 早々に引き上げ、キャンプサイトで、読書をしたりうたた寝をしたりと大いにくつろいでいると、土砂降り。いったん雨は小降りとなり夕食済ませると、今度は雷を伴い再び土砂降り。
d0247247_10355581.jpg

 快適なキャンプグッズのおかげで夜長を楽しみいつもより早く就寝。
 朝起きると、快晴と期待しましたが、いつ雨が降っても不思議ではない天候なので朝食を早々に食べ、撤収。
d0247247_2348453.jpg

 早めに撤収し、途中で蕎麦を楽しみ、産直で夏野菜を購入し、土砂降りに遭遇しながら帰宅しました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-08-02 23:44 | 行楽 | Comments(0)

三岳から諏訪へ

 ゴールデンウィークは靴箱作成をして出掛ける予定は立てていなかったため、家内から1日は何処かに行きたいとのリクエストに応え、恒例の道の駅三岳に出掛けることにしました。
d0247247_21533918.jpg

 道の駅三岳は、国道19号から離れマイナーで何処よりも産直品が安く、我が家のお気に入りですが、年々訪問者が増えてきている気がします。そんな中、お弁当は素朴で、やさしい味で、安かったのですが、人気が上がってきているのか、おかずが増え、お値段も少し上がり、素朴さが薄れてきましたが、やさしい味はそのままです。
d0247247_2154065.jpg
d0247247_21541358.jpg

 と言う訳で、三岳では、タラの芽、コゴミ、弁当、そしてここ数年手に入れることができなかった黒瀬カブ漬が購入でき、満足していたのですが、その後のプランはなにも決めていませんでした。
 何度と訪れているため、近辺のめぼしいところは行っていたため道の駅にあった長野県の観光パンフレットを見ていると諏訪湖が目に付いたのでとりあえず行ってみることに。
d0247247_21544119.jpg

 諏訪湖畔の公園の駐車場に止め、散策しながら間欠泉センターに足を運び、間欠泉(昔は自噴をしていたようですが今は人工的)見学して、昼食は、家内が彦根城下で食べた蕎麦が相当気に入ったらしく、一応、信州なので蕎麦をいただき、おいしかったのですが、彦根を超えることはできませんでした。
d0247247_21551079.jpg
d0247247_21552094.jpg
d0247247_21553245.jpg
d0247247_21554633.jpg

 お腹を満たした後、片倉館に立ち寄りましたが予約が必要なため、外観のみを見学し、高島場へ足を運び、御柱で有名な諏訪大社へも足を伸ばすことにしましたが、上下があるのことは何となく聞いていましたが4つの社があることなど詳しいことは知らず、とりあえず下社秋宮、春宮を参拝しました。境内は歴史を感じさせるすばらしいものです。最後にユニークな万治の石仏を参拝して家路につきました。
d0247247_21555917.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-05-05 21:52 | 行楽 | Comments(0)

桜の松本城

 遠い所の桜が見たいと言う家内のリクエストに応えて、名古屋の桜の見頃を過ぎた時期に良いところを桜情報で検索していると、松本城が目に入ったので松本城へ行くことにしました。
d0247247_21444926.jpg

 中央高速の道すがらもあちこちで桜は満開状態。ドライブを楽しみながら松本城に到着すると、写真撮影を楽しむ人、お花見をする人、結婚の前撮りをする人と大勢の人が訪れています。私たちもお花見をし、ひとまず開智学校を見学することにしました。
d0247247_21451513.jpg

 開智学校は、明治に建てられたモダンな学校でした。
 まもなくお昼、信州と言えば蕎麦と言うことで、観光ガイドでいただいた食事処の案内を見ると近くに本格的な蕎麦屋さんの記載があったので行くことしました。
d0247247_21454092.jpg
d0247247_21455441.jpg

 優しい蕎麦の味を生かした出汁でとてもおいしくいただきました。
 お腹を満たしたところで、松本城の天守閣の見学です。松本城は国宝で見た目は5層ですが6層の構造。5層構造は姫路城と同じで大規模なものでした。見応えがありすばらしいものでした。
d0247247_21473499.jpg
d0247247_21474430.jpg

 ゆっくり、天守閣を見学をした後、城下町を散策して帰路につきました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-04-09 22:43 | 行楽 | Comments(0)

勇み足

 ここ数年、楽しみにしている名古屋市農業センターのしだれ梅祭りに、来週は用事があるので早い気もしましたが行くことにしました。
d0247247_2126342.jpg

 朝方に雨は上がる予定でしたので、珍しくモーニングを楽しみ、センターに着いく頃は晴れ間がさし、上着はいらないほど暖かく、汗ばむほどでした。
d0247247_21271166.jpg

 しかし、予想通り、梅はまだ咲き始めで、チラホラ、梅より先に咲くロウバイが綺麗に咲いていました。しだれ梅祭りの大きな目的は、農産物。特にお目当てはイチゴとお茶。お茶の販売は祭りの後半に販売されるようでした。
d0247247_2126275.jpg

 梅もまだまだなため見所もなく、大道芸を楽しんで帰ることにしました。
d0247247_2125124.jpg

 いずれにせよ。梅も農産物も勇み足でした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-02-14 22:23 | 行楽 | Comments(0)

娘の運転で犬山城

 横浜で働いている娘は、年末年始仕事のため早い冬休みを貰って友人との再会、家内の手料理を楽しみに、そしてたくさんの洗濯物をもって帰省してきました。
 もう一つの目的は、車の運転です。車の運転の感を忘れないようにと機会ある毎に運転したいようです。
 娘は夜、友人と夕食をすること、高速道路は通りたくないこと、1時間程度であることで、犬山城観光をすることにしました。
d0247247_21512747.jpg

 彦根城に続き、犬山城も国宝ですばらしい作りです。特に歴史、城が好きと言うわけではありませんが、大事に保存されたものに心を引かれます。
d0247247_21514655.jpg

まだ紅葉も少しあり風景も楽しむことも出来ました。
 平日と言うこともあって城下町は人も疎らでしたが食事、散策を楽しんで、帰宅することにしました。
d0247247_2152411.jpg

 娘の運転は、自分が運転するより疲れますが、ひとつの通過点として、堪えどころです。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-12-14 21:50 | 行楽 | Comments(0)

紅葉の彦根城巡り

 家内が紅葉が見たいと言うことでしたが11月に入り、研修やなんやかんやで、久しぶりに出掛けることになりました。
 紅葉まだ五分程度ですが、昨年、行きそびれた彦根城に向かうことにしました。
 彦根城でもう一つ有名なのが「ひこにゃん」。昨年、行きそびれたのは、ゆるキャラのイベントが開かれ大渋滞が予想されたからです。
d0247247_2115098.jpg
d0247247_2123351.jpg

 彦根城は、日本に現存するお城として、築城以来そのまま保存されているお城の一つで、もちろん国宝となっています。規模的には小さいものと思っていたので、午前中に廻れるものと思っていましたが、天守閣だけでなく櫓など多くの建物が見学でき、周辺の博物館、玄宮園、埋木舎と井伊直弼生誕200年と言うこともあり見所満載となってたため昼食を挟み1日掛かってしましましたが楽しい1日となりました。
d0247247_2122139.jpg
d0247247_2124461.jpg

 「ひこにゃん」で有名になったと思い込んでいたましたが、彦根城周辺は観光に力を入れている感じで、すごい数の観光客でした。特に夢京橋キャッスルロードは、飲食店お土産物や建ち並び大賑わいでした。
d0247247_21353.jpg
d0247247_2131411.jpg

 私たちも昼食を取ろうと物色するのですが、彦根の特産物は見当たらず、近江と言えば近江牛と琵琶湖産の淡水魚。近江牛は高級なため「もんぜんや」というそば屋で近江牛そばと小鮎の天ぷらいただきましたが、期待以上にそばの香りと鰹がきいた出汁がおいしく満足のいくものとなりました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-11-22 21:59 | 行楽 | Comments(0)