多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

CI-Chubu練習会2017.4

 週末までは、朝夕と肌寒く春物の上着ではと思う日が続いていましたが、練習会当日は朝から日差しが強く汗ばむ日となりました。
d0247247_222278.jpg

 渇水気味だった川は先週の雨で復活したようで参加者はないのではと予想していましたが、5名ほどが参加してくれました。
 参加も5名ほどなのでマンツーマンとなるなり、私は、ビギナーセットを購入しキャスティングを一度教えてもらったという人を担当。
 少しキャスティングをしてもらってみるとあまり大ぶりせずキャスティングをするので、最初に教えてもらった人を聞くとマスターの加藤さんとのこと。なるほどさすがと言う感じです。
d0247247_22222155.jpg

 すぐにでも釣りができるようにティップからロッド2本分ぐらいラインを出しフォルスキャストを練習。さらに9ftのリーダーに4ftティペットを足し、ロールキャスト、リーチキャスト、ラインの持ち方など実釣に即したテクニックを練習し、お昼休憩。
 午後からは、実釣のため移動。ライズも見当たらず数名はライズを探しに移動。ビギナーの方はちょっとしたプールがあったので再び練習。
d0247247_22223772.jpg

 練習用のヤーンにカワムツが反応するのを見てライズ待ちをしていたSさんがフライを付けあっさりと釣り上げていました。
 ビギナーの方にもと、Sさんのご厚意でティペットとフライをいただき、カワムツ釣りを楽しむことになりました。
 練習の甲斐あって、9ftのリーダーに4ftティペットを足しさらに3ftで16ftを扱い、あわせ、取り込みと釣りの一連の動作を味わうことができました。
 偵察に行ったメンバーはライズもなく早めに嶋屋で夕食。
 夕食の時、ビギナーの方は、とても楽しかったと興奮気味で練習会として良い1日となりました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-04-17 22:23 | キャスティング練習 | Comments(0)