多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

蒲田で返り討ち

 解禁では病み上がりのため?今ひとつ釣果が振るわなかったのでリベンジとばかり出掛けました。
d0247247_21254193.jpg

 以外にも人は少なく、解禁直後魚の反応が良かった所に入りましたが、晴天の上、水は少なく厳しい状況は変わらず、ハッチはあるものの小一時間反応がありません。少し早いかと思いながら下流のポイントが気になり移動し入渓。案の定、誰もいない中、釣り上がり始め、辺りを見回すとハッチがチラホラ、お昼に気温が上がりハッチが増えライズも望めるかと釣り上がると、最近のトレンドか餌師が釣り下って来るのを発見。
 時折そこそこのサイズの魚を釣り上げているのを見てしまいました。このまま釣り上がろうかと考えていると、曇りだしハッチも無くなってしまったのでキャッチアンドリリース区間に移動することにしました。
d0247247_21255678.jpg

 入渓して、すぐにライズを見つけ、しめしめと思いキャスト。またもや掛け損ね。その後小さい魚のアタックが続き釣り上がるところにイワナのいいポイントを発見。キャストすると今度はちゃんとフッキング。最初は大したことないかと思っているとウカウカしてられない引きに変わり焦っているときに8Xがラインブレイク。
 チェックするとフライの結び目で切れていました。集中力が切れフライを雑に結んでしまったことが招いてしまいました。
 その後も小さい魚のアタックと掛け損ねで本日はおしまいです。
 結局、掛け損ねは最後までしっかりとドラグフリーで流せていないと言うことで反省するのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2017-03-19 21:26 | フライフィッシング | Comments(0)