多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

期待した雨でしたが

 梅雨に入っても渇水状態でしたので、木曜日の雨で少しは回復したかと思って出掛けましたが、石は滑りやすい状態のままでした。
 入渓しようと思った区間にフライフィッシャーがいたので、下流へ移動。猪除けの電気柵をまたいで入渓しました。釣りはじめは、時折ハッチがありましたが、晴れ上がるとハッチは無くなり、魚の反応はなく場所の選択に後悔しながらひたすらキャスティングするのみです。気温はみるみる上がり、水分補給も頻繁になり、集中力はあっという間に無くなってしまいながらひたすら釣り上がりました。
d0247247_1814676.jpg

 コンクリートブロックが大きく傾き、木陰になっている場所でライズを発見したものの、複雑な流れのため上手く流せず釣ることができません。
d0247247_1822311.jpg

 木陰の多い区間に移動し、食事と休憩を取り、再び釣りを開始。すぐに、小さいイワナに遊んでもらい。まずは写真撮影。
d0247247_1812812.jpg

 その後は、集中力が切れない程度に釣ることができましたが、枝が水面すれすれの所に張りだしたポイントでフライをピックアップする瞬間にフライに出て、テンションが掛かったまでは良かったのですが、ポロリと外れてしまいました。逃がした魚を大きいといますが、まさにその通りでした。
 肩を落として釣り上がるとライズを発見。今日、一番の23cmほどのイワナを手にすることができ、楽しい1日を過ごすことができました。
d0247247_1823215.jpg

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-06-18 23:59 | フライフィッシング | Comments(0)