多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

悪天候を縫って

 ゴールデンウィークは、靴戸棚を完成させようと考えていましたが、1日ぐらいは釣りに行きたいと思いましたが、この春は週の半ばになると週末に影響する雨が降って何処に行こうかと考えを巡らせていました。
 当てにならないピンポイント天気予報を見て、雨の影響があまりなさそうさな高原水系に行くことにしました。
d0247247_21273019.jpg

 現地に着くと、風は強いものの、川の状態も良く、曇りでハッチもチラホラあり釣果が期待できるでした。
d0247247_21274548.jpg

 すると、すぐに20cm程のヤマメ釣れ、まずは証拠写真を撮り、機嫌を良くして釣りを再開すると、下流側から吹く風の影響で、ドラグフリーで流す時間が短くなり、魚がフライをくわえる直前で見切らたり、掛かりが浅くばれたりしてしまいます。
 そんなことを繰り返し、ハッチが増えライズも時より見つけながら、釣り上がると尺物のレインボーをキャッチ。
d0247247_21275848.jpg

 さらに釣り上がり、お昼近くになると晴れ上がり、今まであった魚の反応がパタリとなくなったので昼食を取り、車に戻ることにしました。
d0247247_21282083.jpg

 戻る途中、再び曇ってきたので、午前中に釣り損ねたポイントを、攻めると32cmのレインボーの引きを楽しむことができました。
d0247247_21283020.jpg

 ハッチもなくなり、魚の反応も無くなったので、イブニングに備え昼寝をすることにしました。
 ちょうどいい時間に目が覚めたのですが、気温はぐんと下がり、風はかなり強くなっています。川に入って釣りをするのですが、釣れる気がしません。
 時計を見ると「かをる」に間に合いそうな時間だったので上がることにしました。
 いつも満席な「かをる」に誰もおらず、ゆっくりカルビ定食+とっちゃんをおいしくいただきました。
 それにしても、どこに行ってもいつものような人でを見ず不思議な1日でした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2016-05-07 21:25 | フライフィッシング | Comments(0)