多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

最高コンディションの犀川?

 犀川解禁の情報が良い釣果であったことを聞きつけ、解禁最初の土曜日に出掛けることにしました。
 天気は2月とは思えないほど暖かく、風もなく、久しぶりに天気予報が当たり、良い釣果が来て出来る期待し、ポイントに行くとすでに地元のナンバーの車があり、フライマンを発見。
d0247247_22144929.jpg
 上流に入らせてもらい、釣っていると、少ないながらハッチが起こり始め、昨年もこうした切っ掛けにヒットしたことを思い出しながら、フライを流すのですがヒットどころか根掛かりすらありません。
 ランが終わる当たりでようやく、根掛かりがあり同じところを流し、ピックアップしようとリトリーブした瞬間にヒット。34cmの割に良く引き、本流最初の魚としてはまずまずのスタートとなりました。
d0247247_22144971.jpg
 同じランを流してみようと考えましたが、すでに餌釣り師が2名釣っているので、ポイントを変えようと移動するのですが、行く所行く所、人、人、人、上がろうとしているフライマンに様子を聞いてみると「異常なし」との力ない返事。
 諦めて朝に入ったポイントに戻ると、なぜか誰もいません。結局、当たりすら無く終わってしまいました。
 犀川では、この時期、底を流すため、とにかくフライが無くなっていましたが、ほとんど根がからずどうなってしまったのでしょうか?
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2015-02-21 22:13 | フライフィッシング | Comments(0)