多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

キャスティング練習2-23

 9月に入ってうだるような暑さもなくなり2ヶ月ぶりの練習となりました。
 久しぶりに行くと草が綺麗に刈られ練習しやすい状態となっています。
 相変わらず60ftのシューティッグヘッドを使った練習です。草が無くなったお陰でヘッドを全て出してフォルスキャストは出来るのですがループは開き、スラックが入り、ラインスピードは上がりません。
d0247247_00025551.jpg
 ヘッドとの繋ぎ目がストリッピングガイドに当たらない程度の長さで練習すると、ループはタイトになります。しかし、問題がないわけではありません。SLPがしっかり取れていないことから、アッパーレグとロアーレグがずれていたり、スラックが入ったりします。
 再びラインを長くして練習すると、ストロークを長くしようとするあまりロッドティップの軌跡のズレがより顕著に表れ、さらにホールが少なかったり、ロッドを振りすぎたり、力みすぎたりとガタガタです。
d0247247_00031260.jpg
 あまりうまくいかないのでONEとLTJAPANの組み合わせで練習するとフルラインが気持ちよく飛んでいきます。ロッドの性能もあり、体を回転させないことでSLPがしっかり出来ていることが大きいようです。
 暑さもなくなったとはいえ、練習すると汗ばみ、久しぶりの練習で疲れ、お昼も近づいたので帰ることにしました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-09-14 23:01 | キャスティング練習 | Comments(0)