多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

梅雨が明け、浜名湖へ

 金曜日の38℃を超す猛暑日でやや熱中症気味です。
 前回の釣行から少し開いてしましましたが、今回は頼もしい味方、■部さんと釣行です。
 赤塚SAの吉野家でしっかりスタミナを付け、フィッシング沖に到着。多くの知り合いが続々と浜名湖サイトを楽しもうとやってきています。
d0247247_21335515.jpg
 今回の作戦は、新月の前日のため大きく潮が引くことから○○瀬へ。人も多いことから1日同じ瀬を狙うことにしました。私はまだまだポイント選びに自信のない所でしたが自分なりにシミュレーションしていたことが■部さんと一致していたので、解ってきたかな~と、うれしく思うのでありました。
 ポイントに着くと、早速テイリングを発見。二手に分かれ急いで瀬に降り立ちテイリングや引き波を見せるクロダイの姿に目掛けキャスティング。ひたすら投げ続けているとようやく30cmを少し上回ったクロダイをゲット。
d0247247_21333237.jpg
d0247247_21334166.jpg
 一方、■部さんの方に目をやると、ルアー船が寄って行ってすぐ近くで邪魔をするように釣っているではありませんか。怒りが伝わってきそうです。ここ数年、フライでの浜名湖サイトの成果が上がってきて浅瀬で良い魚を釣っていることだけを聞きつけてか、スクリューを上げ瀬に入ってきてるようですが、ルアーとフライでは違うのにね~
 魚気がなくなり、ウロウロしていると珍しく頭痛がし、やや調子よくありません。船に近づいていたし、お腹も空いたので、昼食を取り少し眠ることにしました。
 一寝入りし、目が覚めボーッとしていると、大潮の時ぐらいしか入れない瀬でクロダイの大群を見つけと■部さんから電話を貰い、早速合流。丸々と太った50cm程と35cm程のクロダイを引き連れているではありませんか。
d0247247_21334940.jpg
 再びまわりはテイリングだらけとなり、ひたすらキャスティングするのですが、藻が多くなかなかフライに気付きません。2回ほど当たりがあったもののフッキング出来ずテイリングはどこへやら。
 潮も下げ止まり、再び魚気がなくなり、瀬をウロウロしながら途方に暮れていると、潮が上がり始めしばらくした所に、■部さんがクロダイの群れを発見。そつなく1匹をゲット。私は・・・トホホホ・・・
 次こそと浜名湖を後にするのでした。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-07-26 23:32 | フライフィッシング | Comments(0)