多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

キャスティング練習2-22

 昨日の不安定な気象状態が開け、梅雨明け宣言でも出そうな感じの中、練習に向かいました。 
d0247247_21165259.jpg
 もともと、エキスパートディスタンスを投げられるよう60ftのシューティッグヘッドを使った練習をしてるのですが、SLPが長く保つことが出来ません。その他にも問題点はあるがあり思うように上達しません。
d0247247_21170257.jpg
 今日も暑くて集中力が保てません。そのせいか何を注意をして練習するか考えがまとまらず、とにかくロッドを振り慣れることも必要とラインの軌跡を見ながらひたすらロッドを振っていました。
d0247247_21170956.jpg
 すると、バックキャストのホールが小さいことでループが展開がだらしなくなっていること気が付き、修正。少し良くなりました。
 しばらく、ホールを意識して振っていると、バックキャストのホールのスタート位置がストリッピングガイドから結構離れていることに気が付き修正。少し良くなりました。それでもSLPが長く保つことが出来ないのでラインスピードが上がりません。
d0247247_21175406.jpg
 時間が経つにつれ暑くなり、体力の消耗も激しくなってきたので、浜名湖サイトに向けダンベルを付けてキャスティング練習です。先週の鈴木さんからのアドバイスを意識しながらベルジャンキャストの練習をするのですが、1ヶ月前に刈られた穂先がねばねばの草が膝丈ほどに伸び引っかかりやりづらいと思っていたが、浜名湖サイトでは膝まで入るわけですがこれでは水面を触っていることになり、実釣が思いやられます。トホホホ・・・
 暑さも厳しくなり、撤収することにしました。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-07-20 23:14 | キャスティング練習 | Comments(0)