多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

2014浜名湖サイト開始

 7月に入り浜名湖サイトフィッシングが良い感じになっているようです。
 このところ、気象状態が局地的に不安定過ぎるためか天気予報ははずっれぱなしで、前日の天気予報は晴にもかかわらず一日中空一面雲空となりました。
 欲張りな私は、クロダイが水面に顔を出すポッパーの釣りも捨てがたいので、今回、相棒の■治さんと現地集合とし、集合時間までの1、2時間をポッパータイムとしました。
d0247247_22254401.jpg
 いつもの牡蠣棚ポイントに行くとすでにテーリング。ボラのテーリングに混じりクロダイのテーリングもしっかり確認できます。中には縞が確認できるほど背中を出して泳いでいるものいるほどです。しめしめと思いながらポーパーで誘っても無反応。直撃に近いところに打っても逃げもしません。思っていた時間より早めに潮が止まったと思っていると集合時間となったので戻ることにしました。
 集合場所の、フィッシング沖さんに着くと船はガラガラ。■山さんチームが出発する所に出会し、ワチェットさんが○○瀬でスクールを行っていることを聞き、■治さんと合流して皆さんと被らない瀬を選択し向かいました。
 8時に干潮、14時に満潮と上げ潮のタイミングで瀬に入りましたが、明確に潮が差している感じがしません。■川さんと連絡を取り情報確認するものの状況は良くないとのこと。それでも満潮まで粘りましたが、時々魚の蠢く様子があっただけでテーリングは確認できません。
d0247247_22255639.jpg
 昼食を取りながら、■治さんと作戦会議。□□瀬に行くことにし、行ってみると■山さんチームが移動の準備をしているとこで状況を聞いてみるとクロダイをゲットしたとのこと。そうこうしていると■川さんも現れ情報交換している所に、ワチェットさんのスクール一行もやって来て、一大ローラーシフトなりました。
d0247247_22260315.jpg
 釣り始めると、あちらこちらテーリング。しかし、短時間で移動してしまうため良いタイミングでキャスティング出来ません。良いタイミングでキャスティング出来てもくわえてくれません。食いはかなり渋いようです。魚とフライの距離感がつかめていないようです。トホホホ・・・
 食いが渋い時こそ魚がキャッチ出来るようになるには、まだまだ、修行が足りません。
 
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-07-06 22:24 | フライフィッシング | Comments(0)