多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

本流釣り上がり3

 各地でドライが好調との情報を聞き、どこに行こうか考えましたが、前回、前々回、■部さん、■立さんがいい思いをしてましたが、私は相変わらずの結果のまま。前回もやや水温が低めと言うこともあって、今回はいい状況にな行ってるのではと思い、三度行くことにしました。今回は■部さん、■立さんは本流ツーハンドで大もの狙いと言うことで単独の釣りとなりました。
d0247247_22372688.jpg
 いつもの駐車スペースに行くと車も無く、独擅場と思いながら道を下っていくと、バイクを発見。おまけにスコットの文字のあるロッドケースが括り付けてありました。今更、場所を変える気もしなかったこと、上流に人影を捜すのですが見当たらないので、釣りを始めました。
 ハッチもボチボチとあり、風もほとんど無く、釣りをするには最高のコンディションと思いっていると、すぐにヤマメをキャッチすることができ、撮影。その後は、ネットが乾かない程度の頻度で楽しんでいました。
d0247247_22373616.jpg
 気になる先行者はと、上流を見ると、かなり上流に人影を発見。フライマンかと思っていたら餌師のようでしたので一安心。
d0247247_22374542.jpg
d0247247_22383176.jpg
 その後は、ヤマメ、イワナ、側線に血が滲んだような朱の模様のあるヤマメ(もしかするとアマゴ)といつになく好調な釣りを楽しんでいました。中には、フライを見切る魚も居るのですが、これが結構いいサイズ、相変わらず詰めが甘いです。
 お昼近くになり、おなかも空いてきたなと思いながら、でかいのが出ないかな釣っていると、小さめの淵でふたつの流れが合わさる所でフライに反応、明らかに尺を超えるような引き、引きを楽しみながら、無事ランディング。体高のある33cmほどのレインボーを釣ることができました。うれしさ余って早速フェイスブックにアップ。
d0247247_22384173.jpg
 昼食を取りながら、まわりの様子を見ていると、いつになく3cmほどのカワゲラが飛び交っています。風に吹かれ水面に落ちるので、ライズでもしないかと見ているのですが残念なことにライズはありません。昼食を済まし釣り上がろうとした頃から、風が強くなりカゲロウのハッチも見当たらなくなったら魚の反応がありません。
 いつも以上に釣り上がり移動するのですが、反応はありません。大石の河原は歩くのにかなり疲れ、取りあえず車へ戻ることにしました。
d0247247_22385165.jpg
 川から上がる地点で、ライズを見つけ、気持ちよくキャッチ出来たので、車に戻り小休止。
 ポイントを変えようかそれともイブニングもやろうかと考えましたが、疲れがドッと出たことと、楽しい釣りができたことで帰ることにしました。
 帰りの途中、■部さんから電話でイブニングか好調なことを聞き、つくづく詰めの甘さを感じながら車を走らすのでした。(ちなみにハンズフリーなので走行中でも電話は出来ます~)

[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-05-27 18:56 | フライフィッシング | Comments(0)