多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

キャスティング練習2-8

 解禁を目前にして、釣りに使うタックルで練習しておこうと思い、いつもの練習場所着くとすでに練習をしている人がいました。
 同じことを考えていたのか、鈴木さんにキャスティングレッスンをお願いしていたようでした。
 天気予報は、強風の予報でしたが練習には影響のない状況となり練習を始めました。しばらくすると■藤さんと■坂さんも現れ一緒に練習するのでした。
 鈴木さんに解禁に向けた練習だということを告げると、足を揃えて不安定な状態で練習しておくと良いことと、フォワードキャスト、シュートの時手首の返しだけでなく、肘を下げるようにして前腕を使うことでスピードが上がりコンパクトに振れることを教えていただき練習するのでした。
d0247247_23103232.jpg

 実釣においては、必ずしも安定したスタンスがとれないので釣りではしばしばふらつき、ちゃんと投げられないこともあるのでバランスを保ったキャスティングが必要です。また前腕を使い投げることでラインスピードが上がりコンパクトに振ることで体も安定します。
 ここ最近エキスパートディスタンスを投げることでストロークのことばかり練習していたので釣りとしてのキャスティングがすっかり抜けていました。トホホホ・・・
 相変わらず勉強不足というか応用が利かないというか。・・・
 お昼近くになり、晴れ始めると風が強くなってきたので早めの撤収としました。
解禁が待ち通しのですがフライが・・・・
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2014-01-26 23:09 | キャスティング練習 | Comments(0)