多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

キャスティング練習72

 先週、鈴木さんに指導していただいたパフォーマンスタスクの復習です。
 「ゆっくり」を意識して練習していると、ラインが落ちてきてしまい、ついつい慌ててしまします。ロッドティップにラインの荷重を感じることを意識しながら振るのですが今ひとつな感じです。
d0247247_2256665.jpg

 観点を変えて手首の開き、腕の動きに意識してみると、「ゆっくり」を意識するあまり、ポジティブストップが曖昧になっていたことに気がつき、やってみるといい感じです。しかし、なかなか安定的なキャスティングにはなりません。
 続いてナローループとワイドループの投げ分けですが、まだまだ、差が小さく、時々、ワイドループがオープンループになってしまいます。
 意図的にテイリングループを作ることについては、時々は出来るですが確実にと言うわけにはいきませんが、少しコツが解ったような気がします。
 いずれにしても、まだまだ、なので反復練習です。
 ワチェットに行き、鈴木さんに今後、何を重点に練習をすればよいのかと相談すると「どんなときもアッパーレグとロアーレグが平行であるように。ラインコントロールの基本」とのこと。
 「5ヶ月ある」のか?「5ヶ月しかない」のか?いずれにせよあと5ヶ月(148日)頑張らねば。
 

タスク #1
35フィートから40フィートを出し、フォワードおよびバックキャストにおいて、コントロールされた狭いループで、少なくとも6回キャストする。

タスク #2
35フィートから40フィートを出し、フォワードキャストできわめて広いループを意図的に作る。

タスク#3
フォワードキャストで、テイリング・ループを意図的に作る。フォルスキャストを数回行った後、受験者のタイミング(たとえば『次にテイリング作ります』など)で実施する。
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2013-06-08 22:54 | キャスティング練習 | Comments(0)