多趣味で小遣いの少ない中、工夫しながらフライフィシングなどを楽しむ様子を書いていきます。


by BPE-3000R-SI

見えた

 prawnpopperさんが先週土曜日、「船が予約出来なかった」と言っていたので、週末は天気が悪いとの予報でしたが、木曜日にダメ元で予約をしておきました。
 天気が心配だったので、何度もWebでチェックするとあちこちで集中豪雨。さんにも情報を聞き、何とか釣りなりそうなので出陣しました。■部師匠の都合あわなかったため、不出来な弟子、私と■住さん二人の釣行となりました。
 高速道路を移動中、空は雲も少なく、到着すればドピーカン。天気予報は外れまくりです。
d0247247_21102295.jpg

 まずはポッパーで、牡蠣殻ポイントへ。濁りも少なく、相変わらずボラがテイリング。よく見てみると時折、黒鯛も見えるので粘りましたが、反応無し。
 ポイントを変えてみましたが反応無し。
 下げ止まり前を狙って、いつもの瀬に移動してみると、ボラがテイリング。中に黒鯛が混じっていないかよく見てみると、黒鯛らしきしっぽも見えるのでキャスティング。やっぱりだめです。
 この3日間、オリンピックのため3時過ぎに起きるのが続いていたので、少し潮が上がるまで仮眠することにしました。
 いったんポイントを変え、黒鯛を探していると■住さんが「いるいる」との声。近くに寄ってみて見ると確かにいます。
 今まで、黒鯛が見つけられなかったことからすると大進歩です。
 黒鯛を驚かさないようキャスティングするとフライは無視。少し近いところにキャスティングすると驚いて逃げてしまします。
 この繰り返しをしていると、2匹の黒鯛が海底の餌を探すように泳いでいるのを発見。早速キャスティング。フライに気づきよってきます。リトリーブするとついにフッキング。見えているためか必要以上の合わせでティペットはあえなく破断。トホホホ・・・
 魚も見えなくたってきたので元のポイントへ移動。あちこち探すものの魚の姿、テイリングも見当たらず。
d0247247_21124297.jpg

 上げ止まりを狙って、さっき魚の見えたポイントへ移動しましたが、残念な結果に。
 結局、■住さんが小さい黒鯛を2匹かけたのみでおしまい。トホホホ・・・
 まあ、今まで魚が見つけられなかったことを思えば良しとしておきましょう。
 ところで、途中、情報を交換していたKimamaffさんはどうだったのでしょう?

 帰りは、またもや渋滞で1時間ほどのところが3時間ほど掛かってしまいました。マイカーBPE-3.0R-Siのオートクルーズはほぼ自動運転。疲労は少ないものの、NEXCOそこんとこよろしくm(_ _)m
[PR]
by BPE-3000R-SI | 2012-08-12 23:56 | フライフィッシング | Comments(0)